カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 妊婦 >
  5. 妊婦がかかると危険!インフルエンザワクチン接種の重要性

健康診断・健康管理

妊婦がかかると危険!インフルエンザワクチン接種の重要性

妊婦として、インフルエンザには気をつけなければいけませんが、インフルエンザの予防接種は問題ないのでしょうか。

 

欧米における妊娠中のインフルエンザの予防接種の是非

妊娠中のインフルエンザの予防接種は大丈夫なのでしょうか。欧米では妊婦に対するインフルエンザワクチンの接種は当然のこととされています。

インフルエンザにかかってしまうと、妊婦は薬を飲めず何日も高熱にうなされることを覚悟しなければなりません

なぜなら、妊娠中に内服薬を使用すると、催奇形性の問題があるからです。妊娠末期になるまでは、服用した薬の成分が胎盤を通じて胎児にも影響が及ぶ可能性があること、そして、その成分の胎児に対する安全性が確立していないことから、妊婦の薬の服用は医者が認めたものに限られているのです。

 

日本における妊婦のインフルエンザワクチン接種

日本においては実は妊婦のインフルエンザワクチンの接種はそれほど一般的ではなく、医師や医療機関でも対応がまちまちです。しかし、厚生労働省や日本医師会では妊婦はインフルエンザワクチンのハイリスク群に含まれ、接種対象者に含まれています。

しかし、インフルエンザワクチンの添付文書には、妊婦に対する安全性が確立されていないという旨の注意事項が書かれているため、お医者さんによっては予防接種を勧めないというのが現状です。

 

インフルエンザワクチンの副作用の問題

インフルエンザワクチンの副作用の問題として、ごくまれにアナフィラキシーショックやギランバレー症候群などもありますが、妊婦だけに発症する副作用や有害な事象は日本でも海外でも報告はされていません

 

以上のように、日本ではまだ対応がわかれるところがありますが、特にインフルエンザが流行する冬場に妊娠時期が重なる人は、いろいろな情報を元に、接種を受けるかどうか判断しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/29-382656.ph)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊婦に関する記事

妊娠中の風疹にご注意!風疹の抗体価検査

「首都圏をはじめとして、国内で風疹が大流行しています。」というニュースを聞い...

他人の赤ちゃんにもリスクが?!風疹予防接種の必要性

妊婦になると、お腹の中の赤ちゃんを守るために様々なことが必要ですが、その中で重...


妊婦さんは時期に注意!インフルエンザの予防接種をするタイミング

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けた場合には胎児に影響が出るのか?また...

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けるべき?胎児への影響は?

インフルエンザが流行りだす前に、予防接種を受ける人が増えてきています。  ...

カラダノートひろば

妊婦の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る