カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 海外旅行 >
  5. 接種すれば予防できる!海外でかかる病気…破傷風、日本脳炎、ジフテリア、ポリオ

健康診断・健康管理

接種すれば予防できる!海外でかかる病気…破傷風、日本脳炎、ジフテリア、ポリオ

海外旅行に行く際に、事前に準備しなければならないことの一つに予防接種があります。

以下では、接種することで予防することのできる病気をまとめてみました。

 

1.破傷風

破傷風菌は世界中の至るところに存在し、日本でも年々感染者が増加しています。破傷風ワクチンは子供の頃3種混合ワクチン(百日せき、破傷風、ジフテリア)を接種していれば、20代前半ぐらいまでは免疫があります。その後は1回の接種で有効な免疫が10年間程度続きますので、これを目安にしましょう。

特に、長期間海外に滞在する方、冒険旅行などケガの可能性が高い旅行をする人は接種した方が良いでしょう。

 

2.日本脳炎

日本脳炎は、蚊を媒介として感染する病気で、死亡率が高く、治癒したとしても後遺症が残る場合も多い病気です。アジア諸国(東・南・東南アジア)に行く人はワクチンを接種することが望ましいとされています。

 

3.ジフテリア

ジフテリアは咳などの飛沫感染で人から人にうつる病気です。特に、東ヨーロッパやロシアに長期間行く人は接種した方が良いでしょう。

ジフテリアも3種混合ワクチンや2種混合ワクチンを、12歳の頃受けていれば、20代前半まで免疫は有効です。

 

4.ポリオ

ポリオはポリオウイルスに感染することによって、急性の麻痺が現れる病気です。ナイジェリア・パキスタンなどポリオが発生している国に行く人には予防接種を受けましょう。

WHOでは、以前にポリオの予防接種を受けていたとしても、渡航前には追加で接種することを推奨しています。

 

以上のように、予防接種はその対象となる病気によっても、接種のタイミング、接種によって得られる免疫の有効期間も異なる場合があるので、医療機関で事前に確認した方が良いでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/06-376099.php?category=265)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海外旅行に関する記事

アフリカなどの渡航に必要です!~黄熱病の予防接種~

      黄熱病(Yellow Fever)は蚊によって媒介される黄熱ウイル...

中には命の危険も!?海外旅行のための予防接種

海外を旅行すると、日本では通常かからないような様々な病気にかかる可能性がありま...


海外旅行前に要チェック!日本脳炎の予防接種はお済みですか?

     日本脳炎は、蚊によって媒介される日本脳炎ウイルスによって感染・発症す...

海外旅行に行く前にチェック!「黄熱ワクチンは接種済みですか?」

  蚊を媒介して感染する黄熱ウイルス。重度の場合、発症から3〜4日で死に至...

カラダノートひろば

海外旅行の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る