カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血清鉄 >
  6. 鉄分の量が高すぎてもダメ?血清鉄量の増加からわかる病気

健康診断・健康管理

鉄分の量が高すぎてもダメ?血清鉄量の増加からわかる病気

血液内に存在する鉄分は酸素と結合するために用いられ、鉄分が不足すると体内に酸素を十分に行き渡らせることができなくなります。

では、血中の鉄分の量、すなわち血清鉄量が多すぎるとどのような問題が起こるのでしょうか。

 

「血清鉄量が多い場合に疑われる病気」には以下のようなものがあります。

 

1.肝障害

肝障害とは、肝臓に関する病気の総称で以下のような肝臓の病気を総称して肝障害と呼んでいます。 

・脂肪肝・アルコール性肝障害

・A型・B型・C型肝炎

・自己免疫性肝炎

・肝硬変

これら肝障害になるとどうして血清鉄量が増加するのかというと、肝臓内には大量の鉄が蓄えられており、肝障害によって肝臓の細胞が破壊されることで、鉄分が血液中に放出されるからなのです。

 

2.再生不良性貧血

貧血は血清鉄量が少ないときに起こると考えがちですが、貧血時に標準値よりも高い鉄分量を示す場合があります。このときの貧血を再生不良性貧血と呼びます。再生不良性貧血の特徴は、鉄分は十分にあるのに赤血球が少なくなっている点です。

骨髄のもつ赤血球の生産能力が低下してしまうので体内での鉄分の消費量が減少します。そのため、体内において鉄分を余剰に抱えてしまうこととなり血清鉄量が増加してしまうのです。

 

3.ヘモクロマトーシス

ヘモクロマトーシスは難病の一つで、鉄の代謝異常による疾患です。体内の鉄分量を適正に保つことができなくなることで、異常に増加してしまった鉄分が様々な臓器の細胞に過剰なまでに沈着してしまい、その結果として組織や細胞に傷害を与え、最終的には臓器機能不全に陥ってしまうという病気です。

 

鉄分は酸素を運搬する反面、過剰に多い場合は何らかの病気のサインであるか、または、過剰な鉄そのものが様々な臓器に悪影響をもたらすのです。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血清鉄に関する記事

貧血が疑われる時はこの検査!検査前の注意点とは?血清鉄は日内変動が大きい

最近疲れやすくてだるい、立ちくらみやめまいがするという場合、貧血が疑われます。...

男女でも異なる?血清鉄量からわかる病気…こんな病気が!?

健康診断などで血液検査を行った場合、数ある血液中の成分の中で、血清鉄という項目...


妊娠中や子どもの成長期には血清鉄不足に要注意!

  鉄分は赤血球を手伝って酸素を運ぶ役割をしている大切な存在です。 体の中に...

遺伝子異常によって赤血球の生成がうまくできなくなる貧血…サラセミアってどんな病気?

  貧血にはさまざまな種類がありますが、日本国内で最も患者が多いとされるのは鉄...

カラダノートひろば

血清鉄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る