カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血小板数 >
  6. アザが出来やすくありませんか?血小板減少性紫斑病の怖さ

健康診断・健康管理

アザが出来やすくありませんか?血小板減少性紫斑病の怖さ


血液検査などで検査項目に必ずといっていいほどある血小板。

血小板があるおかげで、キズをおって出血してもしっかりと止血をしてくれます。

では、血液中の血小板が異常に少なくなってしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

 

血小板減少性紫斑病とは

血小板減少性紫斑病とは、血液内の血小板の数が異常に少なくなり、出血しやすくなる病気をいいます。

外傷がなくとも、どこかにカラダを強くぶつけたりしたり、急に筋肉に力を入れたりすることで、体内で血管が傷つき、内出血を起こし、見た目では紫斑(アザ)となって現れるのです。

 

この病気の原因は?

この病気は自己免疫疾患の一つとされており、原因の一つとしてヘリコバクター・ピロリ菌が血小板の表面にあるタンパク質を標的にする抗体を作り、この抗体に結びついた血小板が脾臓で破壊されてしまうため、どんどん血小板が減少していきます。

 

病気が起こりやすい年代・性別は?

性別で患者数を見ると、この病気はおおよそ1対3の割合で女性のほうがかかりやすいとされ、20-50代の患者が中心です。

子供も、おたふくかぜ、風邪、はしかなどの後に、急性型血小板減少性紫斑病にかかることがあり、重症化する場合がありますが、短期間で治ることが多いとされています。

 

この病気の治療法は?

治療法として、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の場合はこの菌の除菌治療が第一選択治療となります。この菌が原因でない場合、または除菌治療が有効でない場合は、ステロイドの投与が考えられます。

それでも難しい場合は、血小板を破壊してしまう脾臓そのものを摘出することがあります。

 

 

重症化すると、脳内出血のように命にかかわる病気、重い後遺症が残る病気に至ることもありますので、注意が必要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349510.php )

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血小板数に関する記事

ストレスが原因?血小板が少ない人は生活習慣の見直しが大切!

 血小板は出血を止めるという、非常に重要な役割を果たしており、この値が少ない...

手足の指先から皮膚がむける?血小板と川崎病の関係とは?

血小板は、血管にキズがついた際にその部分に集合し止血するという大変重要な役割を...


健康診断での検査値の意味とは?~血小板数の基準値・異常値とは?血小板の機能を知ろう

血小板は出血部位に集合してすみやかに血を止めるために働きますが、多すぎると血栓を...

血小板数が多い・少ないとどうなるの?血小板検査とその基準値とは

ちょっと指を切った時などに、放っておくといつの間にかかさぶたが出来ていたりし...

カラダノートひろば

血小板数の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る