カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. リラックス・癒し >
  4. その他 >
  5. 癒しだけじゃない!アニマルセラピーの驚くべき効果

美容・ダイエット

癒しだけじゃない!アニマルセラピーの驚くべき効果

犬や猫、インコやハムスターなど動物と接すると、なんとなく穏やかな気持ちになるもの。

そんな気持ちの変化を活用した治療法が「アニマルセラピー」です。

 

アニマルセラピーとは本来、「動物介在療法(ATT)、治療を目的として医療従事者により行われる医療行為」のことですが、日本では広義に「動物介在活動(AAA、)動物とのふれあいによる生活の質の向上を目指す活動」も含まれます。ペットとのふれあいもアニマルセラピーの一環です。

 

 

アニマルセラピーの利点

● 生理的利点

動物と接しようという意欲から動作が増え、身体に刺激を与えることで新陳代謝の改善を行う。

リハビリテーションを必要としている人に、動物の世話を通じてリハビリを進めることもある。

 

● 心理的利点

動物とスキンシップすることによりヒーリング効果を得、ストレスを解消する。

動物との意思疎通をはかる中での、コミュニケーション能力の向上。

 

● 社会的利点

動物が介在し社会との接点を得ることで、不登校やひきこもりの子供たちの社会参加を促す。

情緒面での好作用により、高齢者や難病患者に対するクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の改善。

 

 

いろいろなアニマルセラピー

● 乗馬セラピー・ホースセラピー

乗馬により、心理的効果(コミュニケーション能力向上、ストレス解消など)と身体的効果(有酸素運動、筋力強化、腰痛予防など)を得ることができる。

身体障害者の健康維持や、青少年の心理的問題の解決に効果がある。

 

● ドッグセラピー

高齢者や難病患者のもとを訪問し、犬との触れ合いにより心の安息を与える。

 

● イルカセラピー

ダウン症患者や自閉症患者の発達支援、うつ病患者の症状改善に効果を発揮する。

アメリカではたくさんの治療例があげられている。

 

 

特殊な状況でない人でも、癒しを求めて積極的に動物とのふれあいに出かけてみてはいかがでしょう。

(Photo by pixabay)

著者: りんごさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

美容効果とリラックス効果!エッセンシャルオイルでアロマバス

お風呂は1日で最もリラックスできるひと時ではないでしょうか。よりリラックス効果...

4本のボトルを選ぶ!色を使った魂のセラピー「オーラソーマ」

 ■カラーセラピーだけど、それだけじゃない!セラピストと、それを受ける側(クライ...


アルファ波コントロールで疲れにくい毎日を過ごそう!

  「アルファ波」とは、人が心身のリラックス状態にあるときに発生する脳波のこと...

知らなきゃ損!ティータイムをフル活用のリラックス術!

  気分転換に一杯、イライラを鎮めるために一杯、友人との楽しいひと時に一杯...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る