カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. どの季節が最も紫外線が強いのでしょう?季節ごとの紫外線の特徴

美容・ダイエット

どの季節が最も紫外線が強いのでしょう?季節ごとの紫外線の特徴

晴れた日は日光にあたり、気分をリフレッシュさせたいところですが、日光に含まれる紫外線は、肌を老化させるという効果もあるので、紫外線対策は非常に重要です。

紫外線は一年を通じて一定量が降り注がれているわけではありません。

では、季節に応じて紫外線の強さはどのように変わるのでしょうか。

 

冬の紫外線

冬の紫外線は他の季節と比べると相対的にその量は小さい傾向にあります。

冬は日本の場合くもりの日が他の季節と比べても多く、太陽の出ている時間も短いからです。

しかし、雪の積もる地方では冬の紫外線は要注意です。

紫外線は雪に反射する性質があり、人は直接受ける紫外線と雪なら反射された紫外線の2倍受けることになります。この量は夏とほぼ変わらない量なので、スキーやスノーボードなどに行く人はしっかりと紫外線対策を行ったほうがよいでしょう。

 

春の紫外線

3-5月を春とすると、春の紫外線量は冬から比べて徐々に増加してきます。

気温はまだ高くなく日差しの強さもそれほど感じませんが紫外線量は増えていることをしっかり理解しておきましょう。

お花見や運動会、ゴールデンウィークの旅行などで屋外に長時間いる場合にはしっかりと対策しなければなりません。

5月には、紫外線量はピークをむかえ、シミの原因であるUV-A波の量は冬の時期の3倍にもなるので要注意です。

 

夏の紫外線

夏は梅雨の時期を終えた後、7月が非常に紫外線量の高い時期となります。

日照時間も長く、それだけ紫外線にさらされる時間も増えます。気温が上昇するに伴い紫外線量も増えるので常に注意が必要な季節です。

 

秋の紫外線

秋は涼しくなることから、紫外線対策がおろそかになりがちですが、紫外線量は減ったといっても春ぐらいの水準ですので、引き続き紫外線対策を行いましょう。

 

季節によっても紫外線にはそれぞれ特徴があり、一年を通じて対策を行うのが重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/28-368231.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

夏バテ防止!ウォーキング中の熱中症には気をつけて!喉が渇かなくても定期的に水分摂取を

  夏に多くの患者数を出してしまう熱中症の症状。 重度の場合には、入院を...

夏だけ日焼け止めを塗っても不十分?紫外線対策が1年中必要なワケ

    「日焼けしたくない!」   日焼けをすると、今は大丈夫でも、いつかシミに...


過ごしやすい春と秋こそ紫外線対策を

紫外線の量は季節によって太陽の高さが変わることで、地球に降り注ぐ光の量が変わり...

雪焼け予防としての日焼け止めの塗り方

  ウィンタースポーツとしてスキーやスノーボードを冬の時期に楽しむ人もいると思...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る