カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. 住む地域で紫外線量も違う?紫外線の強い時間帯・地域・注意点

美容・ダイエット

住む地域で紫外線量も違う?紫外線の強い時間帯・地域・注意点

紫外線は日光に含まれる肌や髪の老化を促進するもので、紫外線から皮膚や髪を守ることが重要ですが、それと同じくらい重要なのは、紫外線の強い時間帯・地域、そして注意点について学ぶことです。

 

紫外線量が最も多くなる時間帯は?

紫外線は太陽光の中に含まれれていますから、日光の当たらない夜は紫外線について心配する必要はありません。では、日中どの時間帯に、紫外線量は最大となるのでしょうか。

 

1日の中では午前10時から午後2時までの時間帯に、最も紫外線量が大きくなります。この4時間で1日に降り注がれる紫外線の合計量の半分以上が降り注がれるので、この時間帯に外出すると、短時間であっても大量の紫外線を浴びていることを認識しましょう。ランチや買い物などちょっとした外出でも日よけグッズや日焼け止めを塗ることで紫外線対策ができます。

 

紫外線の強い地域ってあるの?

答えは「イエス」です。日本は南北に細長い国土を有しており、このことで紫外線の量も異なってくることがわかっています。紫外線の照射量は太陽の高度と関係があります。

 

つまり、太陽高度が高ければ高いほど、紫外線の照射量が増えることがわかっています。つまり、赤道に近ければ近いほど、緯度が小さければ小さいほど、紫外線量が多いことになります。

 

そのため、沖縄の人が受ける放射線量は北海道の人のそれと比べて2倍も多いという研究結果もあります。しかし、北海道など北日本に住む人も注意しなければならないのは、雪が多い地域の場合、紫外線が雪に反射して人の体に照射されるので、冬場では雪の降らない地域の人と比べて紫外線を受ける量が2倍になります。

 

このように、一日の中でも、住んでいる場所でも紫外線量は異なります。これらの特性を理解した上でしっかりと紫外線対策を行っていきましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

雪山での「雪焼け」きちんと予防しよう!

  冬だからと言ってあまり紫外線対策を意識しないで雪山へ行く方も多いのではない...

過ごしやすい春と秋こそ紫外線対策を

紫外線の量は季節によって太陽の高さが変わることで、地球に降り注ぐ光の量が変わり...


夏に向けて日焼け止めクリーム!紫外線対策も重要だけど、その日焼け止め肌への負担は考えてる?

  日差しが暖かさを帯びるのにつれて、「日焼け止め対策」が頭に浮かんでくると思...

マリンスポーツを楽しみたい!でも気になる日焼け…マリンスポーツのときのベスト紫外線対策

夏になったら、開放的な海・川でマリンスポーツを思いっきり楽しみたいものです。し...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る