カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷 >
  4. 内出血 >
  5. 生命のリスクがあることも…?腰・胸部の打撲と内出血

気になる病気・症状

生命のリスクがあることも…?腰・胸部の打撲と内出血

内出血の原因には様々なものがありますが、代表的なものは打撲でしょう。打撲は具体的にどのような症状を言うのか、そして腰や胸部の打撲による内出血の注意点・リスクについて、しっかり理解しましょう。

 

打撲とは?

打撲とは、硬い物質、人、交通事故などにおいて、人体の一部を強く強打するなどした場合に、発症する障害といえます。打撲の場合、ダメージを受けるのは身体の表面の皮膚と、皮下の結合組織の部分です。

 

腰の打撲の危険性

転んだり交通事故などで、腰を強く強打した場合、骨盤内で内出血が生じている可能性があります。骨盤は比較的頑丈な組織で、骨盤によって様々な器官を守っています。内出血量が多くなるのは、骨盤骨折の場合です。

 

この場合、大量出血により死亡リスクも高まるので、すぐに病院に行く必要があります。腰の打撲については、カテーテルを用いて血管内部からの止血、そしてチューブを用いて内出血を抜き取ることが重要です。

 

胸部の打撲と内出血

胸部に強い打撲を受けた場合は事故の他に、スノーボードなどで転倒した際に発生することがあります。胸部に強い衝撃を受けた場合には、呼吸困難になるほか、肋骨の骨折になる場合もあります。

 

さらには、胸腔内出血が発生する場合があります。胸部の内出血の確認は非常に困難なので、超音波検査やX線検査などで症状を確認する必要があります。さらに、内出血の量が増えていくと肺を圧迫し、それが進むと呼吸困難になるので、非常に危険です。

 

胸部の内出血が確認された場合、チューブを使って患部から血を抜き取る必要があります。

 

 

以上のように、腰や胸の打撲による内出血は生命の危険を伴う場合があるので、できるだけ早く病院に行ったほうが良いでしょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内出血に関する記事

お年寄りはご注意を!老人性紫斑とその治療法

   60歳を超えるとちょっとした打ち身などに対してもアザができることがあります...

なぜ内出血?原因に覚えがない出血斑とその理由

どこにもぶつけた覚えがないのに、内出血を起こしたようなアザができる…もしかし...


忍び寄る脳内出血の前兆と初期症状を理解しよう!

内出血にも発生場所によって異なりますが、やはり一番怖いのは脳内出血ではないで...

早く治すには?青あざを早く消す方法はこれだ!

内出血が皮膚の近くで発生すると青あざができます。特に女性ですと、夏場などは肌...

カラダノートひろば

内出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る