カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷 >
  4. 内出血 >
  5. お年寄りはご注意を!老人性紫斑とその治療法

気になる病気・症状

お年寄りはご注意を!老人性紫斑とその治療法

  

60歳を超えるとちょっとした打ち身などに対してもアザができることがあります。多くの場合、これは老人性紫斑と呼ばれる病気です。

では、これはどのような原因で発生し、どのような特徴・治療方法があるのでしょうか。

 

老人性紫斑とは

老人性紫斑は、60歳以上の高齢者の両腕から手の甲に渡って現れる出血斑で、色は暗い紫から赤色のアザができます。原因としては、老化が挙げられ、老化が進行するにつれて、皮膚を結合している組織に根本的な変化が現れます。

具体的には、幾層にも重なる皮膚の層の中で真皮の厚さが現象し、膠原線維や弾力線維と呼ばれる線維が萎縮してしまうことで、毛細血管がもろくなり、抵抗力が減ってしまうのです。

このことで、ちょっとした外部的刺激によって血管壁が傷つき内出血を起こしてしまうのです。

症状としては、紫斑のみの場合がほとんどですが、場合によっては痛みを伴うこともあります。

 

老人性紫斑の治療法とは

老人性紫斑は機械的な刺激から生じることがほとんどです。そのため、肌を保護するために腕も覆うような手袋の着用などをするとよいでしょう。仮に老人性紫斑が現れたとしても、通常は数週間程度で自然に消えていきます

そのため、特段、老人性紫斑のための治療は存在しません。

また、外用のステロイドを利用している人は、ステロイド紫斑を招くことがあるので、お医者さんと相談して、ステロイド以外の薬を利用する必要があります。

それでも紫斑がなかなか消滅しない場合には、病院に行くことをお勧めします。

病院では肝機能検査や出血凝固系検査を行い、全身的な変化を観察することが通常です。

 

老人性紫斑は命にかかわる病気ではありませんが、痛みが続く場合には病院に行ったほうが良いでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/03/05-386712.php?category=265)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内出血に関する記事

高齢者介護における内出血は、ヒヤリハットの兆候?

   高齢者は一般的に、ちょっとした外部的な刺激によって容易に内出血が現れます。...

注射のあとビックリ!注射でできる内出血・あざの原因と予防法

打撲や打ち身による内出血でできてしまう、あざですが、注射によっても出来てしま...


注射による腕の内出血が気になる!処置方法と病院で治療が必要な場合

大きな出血斑ができてしまうこともある、注射による内出血。痛みが生じたり、半袖...

忍び寄る脳内出血の前兆と初期症状を理解しよう!

内出血にも発生場所によって異なりますが、やはり一番怖いのは脳内出血ではないで...

カラダノートひろば

内出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る