カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷 >
  4. 内出血 >
  5. 冷やす?温める?内出血による青あざを早く治す治療法とは

気になる病気・症状

冷やす?温める?内出血による青あざを早く治す治療法とは

打撲などによってできる内出血、青あざ!患部やその周囲を触ると痛みを感じます。どのような治療・対処を行えばよいでしょうか。

 

最初はアイシング処置が有効

内出血による青あざに対しての初期の対応は、アイシング処置です。内出血が始まったばかりのときは、内出血が続く可能性が高いので、アイシングを行うことによって、内出血を抑えることが重要です。

 

スポーツ選手用向けのアイシングパックや氷嚢などを利用して、できるだけ患部に冷たい部分が密着するようにアイシングをします。このことで、内出血部分から発生している熱を奪っていきます。

 

しかし、あまりにも冷たいものを皮膚に長時間あてると凍傷になりかねないので、氷嚢などはタオルで巻くなどの対応をしましょう。アイシングを行う期間は、24-72時間程度とされ、青あざがひろがっていないこと、腫れが引き始めているかを確認します。

 

初期の状態で暖めるのは逆効果

内出血による青あざができて初期の段階では患部を絶対に温めてはいけません。内出血が続いている場合は、温めることで血流を良くし、さらに症状を悪化させる可能性があるからです。

 

アイシングの次は温熱療法へ

アイシングにより内出血が止まったら、次は温熱療法に切り替えましょう。出血は止まっているものの、傷ついている患部周辺の細胞を回復させることが必要だからです。お風呂にはいったり、ホットタオルで患部周辺を温めることで、血液の流れを促し、自然治癒力を高めることで、回復を早めます。

 

内出血といっても、単に冷やしているだけでも、温めるだけでもいけません。症状の段階に応じて、アイシングと温熱療法を行い早期の回復を目指しましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内出血に関する記事

目が内出血するのは、アレルギー反応?結膜炎の原因と対策

特に身に覚えがないにもかかわらず、目が内出血(充血)してしまう人がいますが、そ...

お年寄りはご注意を!老人性紫斑とその治療法

   60歳を超えるとちょっとした打ち身などに対してもアザができることがあります...


注射のあとビックリ!注射でできる内出血・あざの原因と予防法

打撲や打ち身による内出血でできてしまう、あざですが、注射によっても出来てしま...

生命のリスクがあることも…?腰・胸部の打撲と内出血

内出血の原因には様々なものがありますが、代表的なものは打撲でしょう。打撲は具体...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る