カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷 >
  4. 内出血 >
  5. 早く治すには?青あざを早く消す方法はこれだ!

気になる病気・症状

早く治すには?青あざを早く消す方法はこれだ!

内出血が皮膚の近くで発生すると青あざができます。特に女性ですと、夏場などは肌を露出させた場合に青あざが目立つとちょっと恥ずかしいですね。

では、打撲や打ち身などによってできてしまった青あざを早く消すためには、どうしたら良いでしょうか。

 

最初の処置は通常通り冷やすこと

まずは基本どおり、患部を冷やしましょう。ただし、皮膚に傷がある場合には、傷の処置を優先させ、患部を洗い流し、消毒を行いましょう。

患部をなぜ冷やしたほうが良いかというと、体内で発生している内出血を最小限に抑えることができるからです。内出血を起こしている部分は熱をもっているので、その熱を吸収し、内出血を抑制します。

また、冷やすことで患部周辺の血液の流れを遅らせることができ、血液が過剰に滞留することで発生する腫れを引かせることもできます。

 

爪楊枝などを使って青あざを早く消す?

次に行うのが、青あざを早く消す裏技です。

一般家庭にある爪楊枝を20-30本、輪ゴムで束ねましょう。そのときそれぞれの爪楊枝の向きは同じにします。

そして、この束ねた爪楊枝のとがったほうで、気持ちよい程度の力で、患部周辺の皮膚表面を叩いていきましょう。だいたい2-3分続けると、皮膚が赤みがかってきますので、そのぐらいで十分です。

 

なぜ、これが効果的かというと、この裏技によって、炎症によって発生した熱を逃がすことができ、また、患部の血流を促進させる効果があるからです。これによって、青あざの原因であった内出血をより早く治すことができるのです。

 

もし、爪楊枝の長さだと行いづらい場合は、焼き鳥のクシを利用しましょう。また、外傷がある場合には、この方法だと、傷口をさらに傷めることになりますので、決して行わないでください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/01/31-375842.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内出血に関する記事

爪をケガしたら内出血が…!変色・はがれたときの治療と対処法は?

「爪に怪我をして、変色・内出血が!」時間が経つにつれ、爪がはがれてくることも...

注射のあとビックリ!注射でできる内出血・あざの原因と予防法

打撲や打ち身による内出血でできてしまう、あざですが、注射によっても出来てしま...


冷やす?温める?内出血による青あざを早く治す治療法とは

打撲などによってできる内出血、青あざ!患部やその周囲を触ると痛みを感じま...

お年寄りはご注意を!老人性紫斑とその治療法

   60歳を超えるとちょっとした打ち身などに対してもアザができることがあります...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る