カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. ケアハウス >
  5. 一般型と介護型はどう違う?ケアハウス(軽費老人ホームC型)でかかる費用

介護・認知症

一般型と介護型はどう違う?ケアハウス(軽費老人ホームC型)でかかる費用

 

 

ケアハウス(軽費老人ホームC型)の費用やその他に必要な料金はどのくらいかかるのか調べてみましょう。

 

ケアハウス軽費老人ホームC型)は、「一般型」と「介護型」があります。特定施設入所者介護の指定を受けた介護保険施設は「介護型」です。

「介護型」は重度の方でも入所でき、可能な限り自立した生活が送れるように食事や入浴などの日常生活の支援や機能訓練、医療のサービスを受けられます。

 

「一般型」の費用は?

 

主に自立した人が入居できます。費用は、入居時に、入居一時金を支払います。毎月かかる費用は生活費として(居住費、食費、サービス提供費、日常生活費、光熱費や水道代)がかかります。

一般型の場合は、日常生活に不安がある場合は、外部の介護サービスが受けられるので、もし、訪問介護や通所介護などを利用する場合は、かかった介護サービス費の1割負担分が別途かかります。

 

「介護型」の場合は?

 

入居時に、入居一時金を支払います。

毎月かかる費用は生活費として(居住費、食費、サービス提供費、日常生活費、光熱費や水道代)がかかります。介護付きの場合は、介護サービス費も別途かかります。

介護サービス費は、要介護度によって違います。介護度が高いと、それだけ介護の負担が大きくなるので、費用も高くなります。また、施設によっては、介護保険で定められた加算が加わる施設もあります。

おむつ代や電話代、理美容などは必要時は実費となります。

 

一時金って何?

 

入居するにあたって、保証金で、普通の賃貸マンションなどを借りるときに支払う敷金のようなものです。退去する場合に、修繕費に充てたりします。

この一時金に関しては、退所時に修繕費等の必要な支払が終わって残りが返ってくる場合もありますが、その施設のルールがあるので、確認してください。

 

費用の負担はその施設ごとで違ってきますので、入居の際に、きちんと確認しましょう。

 

 (写真://www.ashinari.com/2009/06/14-022238.php?category=52

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケアハウスに関する記事

トラブルを避けて、より良いケアハウスを選ぶポイントとは?

ケアハウスを選ぶにあたり、事前に確認したいポイントを挙げます。   生活...

軽費老人ホームって種類がたくさんあるけど、どこが違うの?

    軽費老人ホームは、社会福祉法に定められた福祉施設です。ケアハウスとも...


参考にしよう! 民間のケアハウスの申し込みから入所までの流れ

  近年、施設数が増えている民間のケアハウスに入所するまでの流れをまとめま...

ケアハウス(軽費老人ホームC型)を知ろう!

ケアハウスの基礎知識と特徴をまとめました。   概要 無料または低料金...

カラダノートひろば

ケアハウスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る