カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 家族 >
  6. 日常生活の工夫 >
  7. もしかして私、認知症?アルツハイマー型認知症の自己チェック

介護・認知症

もしかして私、認知症?アルツハイマー型認知症の自己チェック

 

 

 「もしかしたら、わたしは認知症ではないかしら?」と不安になっているあなたへ、自分でもできる簡単な認知症自己チェック!で症状が思い当ったら受診してみてくださいね。

 

(認知症チェック)

 

・新しいことが覚えられなくなってきた

 

・食事をしたかどうか、思い出せない時がある

 

・今日の日にちが分からなくなった(カレンダーを見ても分からない)

 

・言葉が分からなくなったり、言葉が出にくくなってきた

 

・いつもできている調理器具や家電製品の使い方が分からなくなった

 

・手足が震えることがある

 

・何もする気が起こらなくなってきた

 

・物がなくなったとき誰かに盗まれたなど、被害妄想的になった

 

・いつもは穏やかなのに攻撃的なことを言ったり人格が変わってきた

 

・昔のことはよく覚えているのに、昨日今日のことを忘れるようになった

 

この項目に当てはあるからと言って、すぐに認知症だと決めつけるのではなく、あくまで判断基準として、自己チェックをしてみて、もしこのような症状に思い当たる方は、かかりつけ医の先生に相談するか、近くの物忘れ外来へ受診をしてみてはどうでしょうか。

 

アルツハイマー型認知症は脳のCTで海馬の委縮が見られます。詳しい検査をして、早期発見をすることで早く治療ができ、現状の軽い認知症状の状態で食い止めることもできます。

 

認知症は完全に治る病気ではないので、まず認知症にならないように予防して、もしなってしまったら早めの対策をすることで、進行を防ぐことができます。

 

(写真://www.ashinari.com/2014/03/29-387762.php?category=5

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日常生活の工夫に関する記事

レスパイトケア〜認知症を抱える家族の苦悩

関連する記事 もしかして...

カラダノートひろば

日常生活の工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る