カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. レビー小体型認知症 >
  5. 新型認知症!レビー小体型認知症の症状を改善するには早期発見が大切

介護・認知症

新型認知症!レビー小体型認知症の症状を改善するには早期発見が大切

 

 

 

2のアルツハイマー型認知症や新型認知症ともいわれるレビー小体型認知症の症状を改善するには、早期発見が重要です。

その早期発見のポイントとなるしぐさや行動を調べてみましょう。

 

 

<レビー小体型認知症かな?と思うポイント>

 

・いないところに「虫がいる」と手で払いのける。

 

・誰もいない壁に向かって話しかける。

 

・睡眠中に大声で寝言を言う。

 

・寝ている時に手足をばたつかせる。

 

・ぼーっとしている時としっかりしている時の差が激しい。

 

・筋肉がこわばって動きが緩慢になる。または、転びやすくなった。

 

・鬱病のような症状が出てきた。

 

・暑いわけではないのに大汗をかく。

 

こんな症状が出たら、すぐに専門の病院へ受診する。認知症疾患医療センター認知症サポート医のいる病院へ行きましょう。

 

<あるはずのないものが見える。超リアルな幻視とは?>

 

普通、私たちが見えるはずのないものが見える「霊感のある人」などがいますが、このレビー小体型認知症は、リアルそこにないはずのもの見えてしまいます。自分が見えているものを、正確に覚えていてどんな人かなど説明もできます。他の人から「そこには何もいない。」と言われても、本人には、そこにはっきりと見えているのです。自分でもおかしなことを言っているという自覚があるようですが、目の前にはっきり見えるものが、幻視なのか現実なのか自分では分からないくらい、本当にリアルに見える幻視の症状で、人だけでなく大量のが見えたり、家の中に知らない人が侵入してきたと怯えるようになります。これはアルツハイマー型認知症とは違った症状です。

 

この新型の認知症は、だんだん増えて行っています。早期発見が難しいだけに、気づいた時には、かなり進行していることもありますので、症状に注意しながら早めの対応を心がけましょう。

 

 (写真://www.ashinari.com/2014/03/18-387202.php?category=11

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レビー小体型認知症に関する記事

レビー小体型認知症・・・介護の悩みは誰に相談したらいい?!

    認知症の介護は思っているより大変です。様々な症状に対応しなければいけ...

間違われやすい?!パーキンソン病とレビー小体型認知症の症状

    レビー小体型認知症はパーキンソン病の縁類疾患と呼ばれ、とても似た特徴...


早期発見が運命を変える!レビー小体型認知症

  レビー小体型認知症と診断されたら、家族や周囲の人はどのように関わりを持って...

家族がレビー小体型認知症になってしまったら?家族の介護について

    あなたの大切な家族がレビー小体型認知症診断を受けたら、どうしますか?...

カラダノートひろば

レビー小体型認知症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る