カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

急性咽頭炎の症状と治療

子どもを持つお母さん・お父さんが注意したい病気の一つが急性咽頭炎です。

 

●急性咽頭炎とは

急性咽頭炎とは、喉に炎症が起きる病気です。感染によって起きる場合と鼻炎によって起きる場合がありますが、症状はほとんど変わりません。喉の痛み、咳、不快感、そして発熱です。鼻炎から急性咽頭炎が起きている場合、鼻水や鼻のつまりも見られます。

 

喉の痛み、鼻水、発熱という言葉からわかるかもしれませんが、急性咽頭炎は風邪の一種です。インフルエンザとは違い、体温が40℃以上に上がることは滅多にありません。39℃以上の高熱が続く場合は、インフルエンザを含む他の病気の可能性もあります。

 

●急性咽頭炎の治療

急性咽頭炎の治療は、対症療法と抗生物質の投与です。対症療法では、喉の痛みや不快感を改善するために炎症を止める薬物を投与します。

 

抗生剤は主に2次感染予防のためで、免疫の弱い乳幼児にとって抗生物質・抗生剤での治療は急性咽頭炎以外の治療でも使われます。

 

●急性咽頭炎の対処法

急性咽頭炎で入院することはほとんどありません。家庭で休みながら風邪薬を飲んで治療します。

 

家庭で注意したいことの一つに加湿があります。部屋の湿度を下げ過ぎると喉の痛みが増すので、できるだけ部屋を加湿してください。また、発熱やのどの痛みで体力が奪われていくので、水分摂取は頻繁に行った方がよいです。

 

できるだけお母さんやお父さんがそばにいて、安心させてあげてください。 

(Photo by //www.ac-illust.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

呼吸器の感染症のうち、もっとも一般的なのが急性気管支炎です。子どもだけではなく...

「ピエール・ロバン症候群」…顔の奇形でも予後は良好、普通の子と同じに生活していけるの?

原因不明の病気のひとつにピエール・ロバン症候群という病気があります。この病気...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る