カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. レビー小体型認知症 >
  5. レビー小体型認知症・・・介護の悩みは誰に相談したらいい?!

介護・認知症

レビー小体型認知症・・・介護の悩みは誰に相談したらいい?!

 

 

認知症の介護は思っているより大変です。様々な症状に対応しなければいけないし、その人の尊厳を守りながら、介護をして行かなければいけない・・・心では分かっているのに、疲れている時にはやっぱり優しくできない・・・。そんな悩みを抱えて介護をしている人も少なくないはずです。そんな時は、力になってくれる強い味方を探すことが必要です。

 

(かかりつけ医や物忘れ外来)

 

 かかりつけ医は、今まで診てもらって、一番本人のことを良く知り、理解のあるお医者さんです。気軽に相談できるのではないでしょうか。もし、そこが認知症に詳しくなかったら?殆どの場合、近くに必ず物忘れ外来があり、認知症に詳しい医師がいます。他にも心療内科神経内科メンタルクリニックなどでも認知症の相談ができます。

 

(認知症疾患医療センター)

 

 認知症の専門病院で、認知症の疑いがある人や、すでに認知症と診断された人が専門医に診てもらうために来る病院です。レビー小体型認知症など精密検査なども行えます。また、ここには精神保健福祉士の資格を持つ相談員もいて、認知症の家族の相談も受けてくれます。この、精神保健福祉士への相談は無料です。

 

(地域包括支援センター)

 

 ここには、ケアマネジャー社会福祉士看護師保健師らがいて、介護についてなんでも相談に乗ってくれます。地域の医療・介護と連携をして情報を提供したり、相談窓口になっているので、介護の事はどんなことでも気軽に相談してください。また、地域包括支援センターでは、勉強会の案内や家族会という認知症患者と家族が交流できるように設けられた会で、同じ悩みを持つ家族や、介護に関する情報交換が行えます。ここでは、皆さん状況は様々ですが、介護の大変さが分かっているので、悩みを聞いてもらったり、介護方法も教えてもらえたりします。

 

 

 このように、介護は、一人で抱え込まないことが大切です。あなたの周りには助けてくれる人がたくさんいます。

 

(写真://www.ashinari.com/2014/03/28-387694.php?category=4

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レビー小体型認知症に関する記事

新型認知症!レビー小体型認知症の症状を改善するには早期発見が大切

      第2のアルツハイマー型認知症や新型認知症ともいわれるレビー小体...

有効な治療薬はまだない?!レビー小体型認知症に対する薬と副作用

    レビー小体型認知症は聞きなれない認知症ですが、もしレビー小体型認知症...


レビー小体型認知症とパーキンソン病の症状の違いって?

レビー小体型認知症はパーキンソン病に見られる特有の症状が現れます。ではパーキン...

早期発見が運命を変える!レビー小体型認知症

  レビー小体型認知症と診断されたら、家族や周囲の人はどのように関わりを持って...

カラダノートひろば

レビー小体型認知症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る