カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 歯周病 >
  6. 歯周病も糖尿病の合併症?!歯周病がおこるメカニズムと治療法

生活習慣病

歯周病も糖尿病の合併症?!歯周病がおこるメカニズムと治療法

 

歯周病は糖尿病の合併症として現在あげられていませんが、糖尿病に大きく関わっており、糖尿病の合併症といってよいのでは、と考えられています。実際、糖尿病患者の方の中では健康な方より歯周病の発症率が高いという報告があります。今回は糖尿病の合併症として歯周病が発症するとされるメカニズムを紹介します。

 

 

歯周病にかかるメカニズム

歯周病は体外から来た菌によって発症します。菌歯と歯ぐきのすき間に食べかすなどと一緒に溜まります。食べかすと菌が溜まり白く見えるものをプラークと言います。プラークが長く口の中で除去されず留まっていると、プラーク中の菌が歯肉を傷つけ、進行すると血管壁にも傷をつけていきます。

 

 

糖尿病になると免疫能力が低下する

糖尿病になると、白血球の1種で菌を食べる好中菌の機能が衰えます。1度感染した菌に再び感染した際に、1度目より早く反応し菌を殺す働きである免疫反応も低下します。また、糖尿病の代表的な合併症である神経障害を発症すると、痛みを感じにくくなり病気の発見が遅くなる可能性が高くなります。

 

 

糖尿病による免疫能力低下で歯周病が起こりやすくなる

上記のように、糖尿病により疫能力が低下すると、プラーク中にいる菌が血管を攻撃しても白血球による菌の除去が遅くなります。このため、どんどん歯周病が感染・進行していきます。

 

 

歯周病を治療するには

歯周病の治療にはプラークコントロールという正しい歯磨きなどにより、口内をきれいに保つ治療・抗生物質などによる薬物治療・かみ合わせを正しくする治療・歯ぎしりをしなくする治療・生活習慣、食生活の改善などがあります。

 

 

上記が、糖尿病の合併症として歯周病がおこるメカニズムと歯周病です。歯周病を治療すると血糖値が改善するという報告もあるため、ぜひ治療してください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/10/29-037155.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

歯周病に関する記事

お互いを進行、悪化させる?!歯周病と糖尿病の血管劣化への相互作用

    歯周病と糖尿病は同時に発症すると、お互いに影響し合い糖尿病をどんどん...

何が起こる?なぜ起こる?糖尿病になったら気をつけたい、口の中のトラブル3選

   糖尿病は全身に影響の出る疾患ですが、それは口の中にも及びます。食べ物の通...


お口の健康が糖尿病の発症・悪化を防ぐ!口腔内トラブルで血糖値があがるのはなぜ?

   糖尿病になると歯周病や虫歯が起こりやすくなります。それは糖尿病によって、...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る