カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 新じゃがでおいしい!ポテトサラダを上手に食べる

生活習慣病

新じゃがでおいしい!ポテトサラダを上手に食べる

 

カリウムは代謝や酵素活性、神経、筋肉の興奮、収縮といった重要な働きをつかさどる物質です。しかし、カリウムは体にあればあるほどよいというものでもありません。むしろカリウムが体の中に過剰にあると、高カリウム血症となり、不整脈や心停止を起こす危険があります。

 

カリウム排泄がうまくできない慢性腎臓病

生活習慣病のひとつである慢性腎臓病は、慢性的に腎臓の機能が低下していく疾患です。腎臓は余分なカリウムを体外に排泄してくれる役割をしているものですから、慢性腎臓病が進むと共にカリウムの摂取量には気をつけなければなりません。同時に、カリウムをとりすぎることが慢性腎臓病の進行を促すことにもなります。

 

カリウムが多く含まれるジャガイモの食べ方

いも類にはカリウムが多く含まれています。それでも食べたいという場合におススメなポテトサラダのレシピをご紹介します。

 

ポテトサラダ(1人分)

ジャガイモ60g/玉ねぎ5g/きゅうり15g/にんじん12g/マヨネーズ10g

 

1 じゃがいもはなるべく小さく切って大量のお湯で茹でます。

2 茹でたお湯は捨て、鍋をゆすりながら水気を飛ばします。

3 2のジャガイモをつぶして冷まします。

4 玉ねぎはせん切りにして水にしばらくさらし、その後水気をしぼります。

5 きゅうりは小口切りにします。にんじんはいちょう切りにして茹でて冷まします。

6 ボウルに3のジャガイモ、マヨネーズを入れ塩こしょうを少しします。

7 ボウルに玉ねぎ、きゅうり、にんじんを加えまぜます。

8 キャベツの千切りなどとともに器に盛り、いたきます。

 

カリウムは水に溶けやすい性質があります。そのためジャガイモを小さく切って断面を増やし、茹でることで50~70%のカリウムを減らすことができます。またマヨネーズでカロリーアップもできています。

 

春の時期は特に新じゃががおいしい季節です。その季節の旬のものは、あまり味を濃くつけなくてもしっかりと美味しいので、ぜひジャガイモがおいしい季節に作ってみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/18-010345.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

「熱して甘い春キャベツ」であまいキャベツ餃子!

  食事療法によって、制限の多い慢性腎臓病の患者さんは、食生活の改善と共に食事...

慢性腎臓病にかかせない食品交換表ってなに?

病院でもよくみる腎臓病食品交換表。一般にはほとんど知られていませんが、本屋さん...


電子レンジで!簡単レシピ

  腎臓病の患者さんの料理は薄味であることが大原則です。そのため、家族と一緒に...

新玉ねぎで!うれしいカロリー確保と合併症予防

  腎臓は全身で使われ汚くなった血液をきれいにし、心臓に戻すという重要な役割を...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る