カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 新玉ねぎで!うれしいカロリー確保と合併症予防

生活習慣病

新玉ねぎで!うれしいカロリー確保と合併症予防

 

腎臓は全身で使われ汚くなった血液をきれいにし、心臓に戻すという重要な役割を担っています。こうした役割のため、臓器の中でも血液が通過する量が非常に多く、それゆえ血液自体の健康、そして血管の健康は、腎臓が健康に働く上で欠かせません。

 

合併症にも気をつけたい慢性腎臓病

慢性腎臓病というのは生活習慣病のひとつです。生活習慣病というのはいくつかあり、その名前の通り生活習慣の結果、発症します。だからこそ、慢性腎臓病を発症したら、それひとつではなく他の生活習慣病を発症する可能性が大きいです。生活習慣病をいくつか合併すると、服薬も複雑になり、治療の選択肢も少なくなります。ですから慢性腎臓病を治療していくと共に、他の生活習慣病を発症させないこともとても大切なのです。

 

血液の健康を保って合併症予防!

慢性腎臓病もそうですが、生活習慣病の多くは血液や血管の健康と深く関係します。そのため、予防や改善の方法のひとつとして、血液を健康にする方法があります。ここでは血液の健康に貢献してくれる玉ねぎのレシピをご紹介します。

 

新玉ねぎでオニオンフライ(1人分)

新玉ねぎ1個

卵1個

水3/4カップ

小麦粉1カップ

小麦粉適宜

揚げ油適宜

1 玉ねぎは1センチの厚さの輪切りにします。

2 玉ねぎにかるく塩こしょうします。

3 ボウルに卵を割り入れ、水3/4カップ、小麦粉1カップを加えさっくり混ぜます。

4 玉ねぎに小麦粉を軽くまぶし、3の衣にくぐらせ、170度くらいの油で揚げます。

 

新玉ねぎは生でもおいしくいただけますが、火を通すことでより甘みが引き立ち、トロトロになります。揚げることでカロリーが上がるので、慢性腎臓病の患者さんには嬉しいレシピです。

 

同じファストフードの副菜としてならば、カリウムの多いポテトよりも、オニオンリングの方が体に優しいと言う点も嬉しいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/25-376679.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

慢性腎臓病の食事を楽しむレシピとは?

    慢性腎臓病になったらもう好きなものは食べられない。 そう思っていま...

オリジナル減塩しょうゆにチャレンジ!

  慢性腎臓病の食事療法では、「減塩」が一つの大きなテーマです。日常の食事の中...


リンとカリウム減!茹でこぼしサケフライのレシピ

  慢性腎臓病を発症している人にとって、食事療法は非常に重要です。その中でもリ...

電子レンジで!簡単レシピ

  腎臓病の患者さんの料理は薄味であることが大原則です。そのため、家族と一緒に...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る