カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 食事療法の強い味方「治療用特殊食品」ってなに?

生活習慣病

食事療法の強い味方「治療用特殊食品」ってなに?

 

慢性腎臓病を発症した人は、進行を遅らせたり、抑制するために食事療法が必要になります。特に必要なのがタンパク質の制限です。しかし、たんぱく質は日ごろ私たちが多く食べる主食や、甘いものなどに多く含まれています。その上他の栄養素との兼ね合いも考えなくてはいけません。そのため、自分で低たんぱくの食事を作ることに頭を悩ませる人も多くいます。

 

上手に取り入れたい治療用特殊食品

生活習慣病を発症している人は、日本には多くいます。慢性腎臓病などはその数を増やしてきており、新たな国民病とまで言われているものです。しかしだからこそ、その治療を補助する商品も数多く出てきています。それが治療用特殊食品です。

 

治療用特殊食品って?

これは腎臓病や糖尿病など、疾患を治療する上で食事療法が必要な患者さんのための商品です。こうした疾患の食事療法は人によっては難しく、自分一人では続かないということがあります。そうならないために食事制限や栄養の不足を補う役割をするのが治療用特殊商品です。

 

どんなものがあるの?

名称がすこしかたいので、「おいしそう」という感覚を持ちにくいですし、病院的な古い印象もあるかもしれませんが、そのバリエーションは豊富です。

エネルギー調節用食品

たんぱく質調節用食品

食塩調節用食品

リン調節用食品

大きく分けるとこういったところですが、中でも種類が多いのがたんぱく質調整用食品の米やパン、めん類です。実際にこうした食品を買う患者さんの方も、主食である米やパン、めん類を中心に買っていく方が多いようです。

 

厳しい食事制限が必要な場合以外は、全ての食事をこうしたものにする必要はありません。ただ、こうしたものを上手におりまぜることで日々の食事が少し楽になったり、楽しくなったりするのであれば、取り入れる意味は大きいです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/07-376166.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

オススメ!とっても便利!宅配腎臓病食

  慢性腎臓病になると必ずしなければならない食事療法。 めんどうですよね...

これは知っておきたい!食事をカロリーアップする油の使い方

  慢性腎臓病の人が苦労する治療法のひとつが、その多くを自分で行わなければなら...


自分で選ぶ宅配食!栄養素の数値はしっかり確認!

  慢性腎臓病の治療において食事制限をすることは欠かせません。しかし栄養などを...

【慢性腎臓病の食事】外食・中食もあり!

    慢性腎臓病と宣告されてから、人生の大半を失った、と失望しているかもし...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る