カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 社会生活 >
  5. 退院した後、職場復帰までにはどれくらいの時間がかかるの?

ガン・悪性腫瘍

退院した後、職場復帰までにはどれくらいの時間がかかるの?

ガンの治療の基本は抗がん剤による治療、放射線治療、手術です。中でも手術の場合は入院がほとんど必須といっても過言ではありません。

 

入院生活が終わった後、どれくらいの期間で職場復帰するのかを見ていきます。

 

●退院後、まずは自宅療養が大事

退院して次の日から働き始める人は滅多にいません。退院してからしばらくは自宅療養で体を休めてから徐々に社会生活に復帰していくことになります。自宅療養のときの過ごし方は人それぞれですが、寝てばかりいると職場に戻るときに生活リズムを整えるのが大変ですので、徐々に規則的な生活に戻さなければなりません。

 

体調を見ながら少しずつ外に出てみたり、会社に行くときと同じように通勤電車に乗ってみるという方もいます。

 

●自宅療養期間は数週間から数か月程度

気になる自宅療養の期間ですが、内視鏡による手術の場合は自宅療養期間が短めとなっています。早ければ3週間くらいで職場復帰スタートとなる方もいます。

 

一方で開胸手術や開腹手術など、内視鏡を使わない形での手術だと数か月の自宅療養期間が必要とされることもあります。また、入院も1回とは限らないので自宅療養期間の合間合間に入院が入ったり病状によっては再入院で様子を見る場合も少なからず存在します。

 

いずれにしても個別ケースで大分違うものの、一般的には数週間から数か月くらいが目安と考えてください。

 

ガンの手術をした後は、退院してすぐに職場復帰するのではなくまず自宅療養をするのが一般的です。期間は数週間から数か月とマチマチで、初期のガンであれば内視鏡手術になるケースが多いことから自宅療養期間も短いです。

 

自宅療養に入る際、自宅療養から職場復帰に向けて動くときには医師や産業医、会社の上司などとよく話し合って無理のない形からスタートしてください。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会生活に関する記事

職場への病気の伝え方

がんのことを職場にどのように伝えたら良いか分からないという方も多いです。職場にが...

ガン患者の社会生活を支える!医療ソーシャルワーカーって?

  ガンを告げられた時からさまざまな精神的不安と闘うガン患者、家族は少なくあり...


がん患者の高い離職率

がんになると、働き続けるのは難しいと感じている人が多いようです。がんが原因となっ...

ガン治療と仕事は両立できる!押さえたい3つのポイント

  ガンになると仕事を辞めることになると考えている人もいますし、実際のところガ...

カラダノートひろば

社会生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る