カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 糖尿病予防に筋トレが効果的!スクワットのやり方

生活習慣病

糖尿病予防に筋トレが効果的!スクワットのやり方

 

糖尿病予防の運動と言えば有酸素運動であるウォーキングなどもありますが、無酸素運動の筋トレも糖尿病予防に効果的なことがわかっています。

筋トレの効果と、どのような筋トレを行えばよいかを見ていきます。

 

●筋トレで糖尿病リスクが34%減

アメリカのハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームの研究によって、週150分以上の筋トレを行った人たちはそうではない人たちに比べると糖尿病リスクが34%低いことがわかりました。

対象となったのは3万人以上で追跡期間は18年間と非常に長く、データの有効性も高いと考えられます。

なお、筋トレにプラスして有酸素運動も取り入れた人では糖尿病リスクが59%低下しました。

 

●大きな筋肉を鍛えるスクワット

新たなダイエット方法として注目を浴びているスクワットは、実はカロリー消費量の多い筋トレです。

スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は体のさまざまな筋肉の中でも大きいですし、複数の筋肉を一度に鍛えられるのもスクワットならではの魅力です。

スクワットで大臀筋や大腿四頭筋を鍛えることによって基礎代謝があがり、最終的に痩せやすい体にもなります。

 

●正しいスクワットの方法

スクワットは間違ったやり方では腰や膝を痛める可能性があるので、正しいやり方をここで紹介します。

 

1.両足を肩幅くらいに広げて立つ。つま先は前を向ける

2.ひざと顔が前を向いていることを確認

3.息を吸いながら8数えて腰を落とす

4.腰が落ちた時に膝がつま先より前に出ていないか確認

5.かかとは浮かせず、太ももとお腹、お尻の筋肉に集中して1秒止まる

6.息を吐きながら1-3秒程度でゆっくり腰を上げる

7.腰を上げた時に腰が反ったり前の太ももが張らないように真っ直ぐ立つ

8.2-7までを10回繰り返す

 

ハーバード大学の研究によって無酸素運動である筋トレも糖尿病予防の効果、糖尿病発症リスクの低減が認められました。

無酸素運動と有酸素運動を上手に組み合わせるのがベストで、筋トレの中では大きめの筋肉を鍛えられるスクワットがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/20/10/12/deadlift-71284_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

2型糖尿病の一次予防、二次予防、三次予防について

  2型糖尿病は、糖尿病の中でのもっとも多い疾患。糖尿病と言えば、2型糖尿病で...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る