カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. シナモンは糖尿病発生へのリスクを減らす?糖尿病の食事療法

生活習慣病

シナモンは糖尿病発生へのリスクを減らす?糖尿病の食事療法

 

 

シナモンはお菓子や紅茶で使用されているイメージがありますが、れっきとした漢方です。シナモンにはさまざまな効能があり、その中に糖尿病に関するものもあります。今回はシナモンの糖尿病への効能を紹介します。

 

 

シナモンの糖尿病への効能

 

シナモンは血糖値を下げる効能があります。糖尿病の方にとって、とても嬉しい効能です。

 

 

シナモンの糖尿病によって発症する合併症への効能

 

糖尿病によって起こる合併症は、血管の劣化が大きく関係しています。シナモンはTie2を活性化によって、毛細血管の劣化を防止したり、劣化した毛細血管を修復したりします。毛細血管の血行不良も改善してくれます。また、脂肪細胞を小さくする効能もあります。

 

 

シナモンの効能が得やすい人

 

シナモンは直接毛細血管に働きかけるため誰にでも効きますが、効能を実感しやすいのは女性又は40代以降の方です。

女性の方が効能を実感しやすいのは、女性ホルモンの分泌に関連します。女性ホルモンが減少すると、毛細血管も減少します。シナモンは毛細血管の劣化・修復を助けるため、女性ホルモンが減少しても、毛細血管にあまり負担がかからなくなります。

40代以降でシナモンの効能を実感しやすいのは、若いうちは毛細血管の修復力が高いため、何もしなくても十分毛細血管が修復されますが、40代以降になると修復の能力が低下してくるので、何らかの毛細血管の修復を助ける必要があるためです。しかし、近年若者においても食生活のみだれや運動不足によって、毛細血管の修復能力が劣ってきています。なので、若いうちからシナモンを摂取した方が良いと思われます。また、シナモンの香りによって少ない甘みでも甘みを強く感じる効果もあります。

 

 

このようにシナモンには、糖尿病防止や糖尿病の合併症の原因である血管の劣化を防いでくれる効能があります。粉末状のシナモンであれば、ふりかけるだけで簡単に摂取できるので一度試してみてはどうでしょうか?

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/03/08-386782.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

糖質制限で制限したい食材はやっぱり○○!糖質制限の目的と注意したい食材、注意点について

糖尿病の治療のためには糖質制限をある程度行う場合もあります。糖質制限の目的と...

和食はそれほどヘルシーではない

 使っている油の量で和食は洋食などよりヘルシーだと言われているわけですが、油を身...


知らなきゃ損!?コーヒーは糖尿病に良い?悪い?糖尿病とコーヒーの関係

コーヒーは毎日のように飲んでいる方もいるでしょう。 健康な方ならば、毎日コ...

血糖値を上げにくいだけじゃない!糖尿病に嬉しいオリゴ糖

  糖尿病患者さんにとって、糖質というとすぐに思い浮かぶのはブドウ糖ではないで...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る