カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 目・耳 >
  5. 視力・眼底・眼圧 >
  6. レーシックで眼圧が変わる!その仕組みとレーシックを受ける際の注意点

健康診断・健康管理

レーシックで眼圧が変わる!その仕組みとレーシックを受ける際の注意点

 

視力回復のための手術がレーシックと呼ばれるもので、角膜を削って近視矯正を行います。

レーシック手術を受けた場合には眼圧検査の際にそのことを伝えなければ正しい結果が出ません。

 

●レーシックで眼圧が変わるワケ

レーシックの最大のポイントは『角膜を削る=角膜を薄くする』という点にあります。

ゴールドマン眼圧計での検査を考えるとわかりやすいですが、眼圧検査では目を押してどのくらいの力で平らになるかを測ります。

角膜が薄いと、本来の角膜の分よりも押す力が少なくて済むので、検査の結果上は眼圧が低く出る可能性が高まります。

内部の眼圧が高かったとしても角膜部分で眼圧が勝手に調整されてしまい、本来の眼圧よりも結果が低くなるのです。

この偽低値によって、緑内障など眼圧が高くなる病気の早期発見が難しくなります。

 

●最初にレーシックを受けていると伝える

レーシックを受けていると眼圧検査に異常が出やすいので、最初にレーシックを受けている旨を伝えて正しい結果が予測できるようにしてもらいましょう。

問診票の特記事項の部分に書いても良いですし、看護婦や医師に直接告げても良いです。

いずれにしてもレーシックを受けていることが相手に伝わればOKですので、眼圧検査を受けるときには必ず忘れないようにしてください。

 

レーシックは角膜の厚みを変えることによって視力矯正する手術ですが、眼圧検査では角膜の厚みで検査値が影響を受けるデメリットが存在します。

角膜を削るレーシックを受けたことを医師に告げることで正しい結果が得られますので検査の前に必ず申し出てください。

緑内障の潜在患者は増えており、悪化すると失明ということもあるので早めに見つけるのが鉄則です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2010/12/13/10/07/beautiful-2315_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

視力・眼底・眼圧に関する記事

眼圧検査の3つの方法と基準値を知ろう

  目の中の圧を検査するのが眼圧検査で、緑内障を見つけるためには重要な検査と言...

眼圧検査異常値で疑いが濃厚!緑内障と網膜剥離

  眼圧検査は目の中の圧を確かめる検査で、麻酔薬を使うものもあれば麻酔薬を使わ...


全身の病気も見つかる!?眼底検査の方法と検査でわかる病気について

  健康診断の検査のひとつに眼底検査というものがあります。眼底検査の方法と...

視力にも正常値がある?一度は経験があるはず!『C』で視力を測るランドルト環と視力の正常値について

視力が悪いけどそれほど困っていないという方は多いです。ですが実は視力にも正常値...

カラダノートひろば

視力・眼底・眼圧の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る