カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 目・耳 >
  5. 聴力 >
  6. アプリで簡単に聴力を測れる!?普段から自分の聴力をチェックする方法とは?

健康診断・健康管理

アプリで簡単に聴力を測れる!?普段から自分の聴力をチェックする方法とは?

 

耳が聞こえにくくなったり、突発性難聴のように急に耳が聞こえなくなったりしない限り普段から自分の聴力を気にしているという方は少ないかと思います。

ですが、騒音環境にいる・ヘッドホンで大音量で音楽を聞くのが好きなど音と関わりの深いライフスタイルを送っているなら時には聴力を気にした方が良いです。

早めに老人性難聴に気付けたり、耳の異常を感知したりできるからです。

 

●フリーソフトやアプリで簡単に聴力を測る

最近、自分で行う聴力検査としてパソコンのフリーソフトや、スマートフォンのアプリが注目されています。

パソコンのフリーソフトやスマートフォンのアプリの中には周波数を出して聴力検査が出来る、いわゆる健康診断で行われている一般的な聴力検査とほぼ同じものもあります。

グラフに自分の聴力を自動で保存出来るタイプのフリーソフトも存在し、聴力の継続的なチェックに役立ちます。

 

●静かな場所で、左右の差も気にしよう

フリーソフトやアプリで簡単な聴力検査を行う時は、実際の健康診断で聴力検査を行う時のように静かな場所を選んだ方が良いです。

無音状態が望ましいので、夜の静かな時間帯に聴力チェックをするのがお勧めです。

また、グラフが出るタイプでは右耳と左耳の差に注目してみると、自分の耳はどちらが聞こえやすい・聞こえにくいかがわかり、片方の耳に起きる病気を早期に気づける可能性も高いです。

 

パソコンのフリーソフトなどでも簡単な聴力チェックは可能です。

周波数を使ったもので、それぞれに使用推奨環境がありますが基本的には無音の場所で音を聞くことに集中するのが大事です。

また、病院や健康診断の聴力検査ほどの精細な検査ではないので、あくまでも簡単チェックと考えて利用してみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/12/14-384303.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

聴力に関する記事

聴力検査で異常値が出たら耳の老化も疑おう!耳の老化を予防する対策法

  人間の体は大体20歳くらいを境にして徐々に衰えてきます。 20代から30...

健康診断でおなじみ!純音聴力検査とはどんな検査?どれくらいの値なら大丈夫なの?

  学生時代、社会人になってからを含めて健康診断で聴力検査を受けたことがない人...


病気で耳が遠くなることも!?聴力検査では低音、高音の両方を聞き取る!検査方法と基準値について

人間の体にとって『聴く』ということは非常に重要な機能です。人の言葉を理解する...

耳鼻科で行われる標準純音聴力検査~伝音性難聴と感音性難聴をふるい分ける検査です

  難聴には2種類があり、それぞれ伝音性難聴、感音性難聴と呼ばれています。 ...

カラダノートひろば

聴力の関連カテゴリ

聴力の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る