カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 目・耳 >
  5. 聴力 >
  6. 聴力検査を受ける前の注意点 検査を受ける前に気をつけなければならないこと

健康診断・健康管理

聴力検査を受ける前の注意点 検査を受ける前に気をつけなければならないこと

 

健康診断の前には注意が必要な場合もあります。例えば胃の検診をするときには食事をしないなどの注意事項がありますね。

それと同じように、聴力検査においても検査を受ける前に注意しなければならないことがあります。

 

●前日や前々日にコンサートに行かない

コンサートで大きな音を聞くと、一時的に音を感じ取るための有毛細胞に障害が起きることがわかっています。

基本的には自然回復するのですが、聴力検査の時に有毛細胞に障害が起きていると正しい結果が出なくなります。

検査の前日や前々日など近い時期にはコンサートや騒音環境に行かないことをお勧めします。

 

●仕事で騒音環境にいるなら作業後30分経ってから

工事現場や機械を使う工場などで働いていて、普段から毎日騒音環境に身を置かなければならない方もいます。

そんな場合は騒音環境から離れて30分以上経ってから聴力検査を受けることをお勧めします。

 

●イヤリングやピアスはつけない

イヤリング、ピアスなど耳につけるタイプのアクセサリーは聴力検査で機械を耳に当てるときに邪魔になります。

聴力検査の日はイヤリングやピアスを最初からつけていかない方がよいでしょう。

健康診断の場合には、その他の検査にも邪魔になることがありますので、必要があれば鞄の中などに入れて健診が終わった後につけてください。

 

聴力検査を受ける前には騒音環境と耳のアクセサリーに気をつけてください。

騒音環境には出来るだけ身を置かないようにして、職務上騒音環境にいる場合は最低でも30分以上の間隔を空けてから聴力検査を受けます。

アクセサリーは最初からつけていかないのがベストです。

こうした検査前のちょっとした工夫によって自分の本当の聴力を知ることが出来ます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/18-382198.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

聴力に関する記事

アプリで簡単に聴力を測れる!?普段から自分の聴力をチェックする方法とは?

  耳が聞こえにくくなったり、突発性難聴のように急に耳が聞こえなくなったりしな...

病気で耳が遠くなることも!?聴力検査では低音、高音の両方を聞き取る!検査方法と基準値について

人間の体にとって『聴く』ということは非常に重要な機能です。人の言葉を理解する...


健康診断でおなじみ!純音聴力検査とはどんな検査?どれくらいの値なら大丈夫なの?

  学生時代、社会人になってからを含めて健康診断で聴力検査を受けたことがない人...

聴力検査で異常値が出たら耳の老化も疑おう!耳の老化を予防する対策法

  人間の体は大体20歳くらいを境にして徐々に衰えてきます。 20代から30...

カラダノートひろば

聴力の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る