カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 透析 >
  5. 在宅透析のメリット!合併症が減る・長生きできる…etc

生活習慣病

在宅透析のメリット!合併症が減る・長生きできる…etc

 

慢性腎臓病の最終的な治療の選択として、透析があります。しかし多くの人が行う血液透析は、週の半分ほど透析施設に通い、1回につき5時間近くかけて透析を行うというものです。この透析の装置が自宅にあって、自宅で透析を済ませられればどんなに楽でしょう。実はその、自宅で血液透析をする方法があります。

 

在宅透析という方法

透析の装置を自宅に設置し、透析の準備から、穿刺、後始末まで全部自分で行うのが在宅透析です。在宅透析は透析の中でも、一番患者さんの体によい方法です。

 

在宅だと長生きできる

施設に行って行う透析はどうしても、時間制限があります。すると透析が不足することがあるのです。透析不足は合併症を引き起こす可能性を大きくしますが、在宅の場合、自分で十分に透析をしやすいので不足することが少なく、合併症も減りま。そのため処方される内服薬もぐっと少なくなります。

また、透析は頻度が多いほど、時間が長いほど、血管や心臓に負担がかかりません。そのため在宅でじっくり時間をかけやすい在宅透析の方が、長生きできると言えるのです

 

心の余裕ができる

透析の場合、移植と違って腎臓の状態は悪いままです。ですからどうしても厳しい食生活の制限はついて回ります。しかし在宅で透析ができる場合、腎臓の機能がすぐ近くにあると言ってもよいです。そのため厳しい食事制限や水分制限が減り、比較的食事療法の負担が軽くなります

また、施設透析の際に必要な通院時間が減り、家族と過ごす時間や、自分の時間、仕事をする時間が増やせます。自宅に居ながらにして透析ができれば、透析自体へのストレスが少なくなり、病気にも良い影響を与えるでしょう。

 

もちろん時間の余裕ができる分、社会復帰をする率も高くなります。治療効果や合併症など、病気、ひいては体への負担を考えると在宅透析は透析の中で最もよいと言えるかもしれません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/07/13-380232.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

透析に関する記事

血液透析と腹膜透析、どちらが多く使われているの?

  人工透析には2種類の方法があります。 血液透析と腹膜透析というもので...

慢性賢蔵病(CKD) 人工血液透析(HD)について

    透析には腹膜透析と人工血液透析がありますが、自分の腹膜を使用せずに人工...


体の負担が少ない在宅透析…でもデメリットもおさえておきたい!

  慢性腎臓病を治療中の人が生活習慣の改善を怠ると、自覚症状が乏しいままどんど...

慢性賢蔵病(CKD)の治療 いつ透析を考えるか

           近年、国際的な末期腎不全患者数の著しい増加から、米国・欧...

カラダノートひろば

透析の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る