カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 高齢者の糖尿病における食事の基本!糖尿病の食事療法

生活習慣病

高齢者の糖尿病における食事の基本!糖尿病の食事療法

 

 

高齢な糖尿病患者の方をご家族にお持ちの方もいると思います。今回は高齢者の糖尿病食事療法用の食事で基本とされている考えをまとめました。

 

 

・持続可能なカロリー調節

高齢者の場合、理想標準体重にこだわるよりも、長期持続可能な体重調節ができるカロリーを設定し、食事療法を行ないます。また、標準体重でなくともある程度の体重の減少が糖尿病の状態を改善します。1日の総カロリーから250kcal500kcalほど減らすと体重を軽くすることができます。

 

・ショ糖の摂りすぎにこだわらない

炭水化物はあまりショ糖(砂糖)の摂りすぎにこだわらず、過度に摂りすぎない程度にする。

 

・タンパク質の摂取量

タンパク質の摂取量は糖尿病合併症などで腎症があれば、総カロリーの10%以下の摂取量にします。なければ総カロリーの1020%摂取量にします。ただし、一日当たりのタンパク質摂取量が0.6g/体重1kg以下となると、低栄養状態となるという報告もあります。厳しすぎる長期のタンパク質制限を行う場合、注意してください

 

・脂肪の摂取量

脂肪は総カロリーの30%程度の摂取量にします。高脂血症がある場合、30%以下にしてください。

 

・アルコールの摂取量

インスリン治療を行っている場合は低血糖を起こす危険性があるため、できるだけ摂取しないようにします。インスリン治療を行っていない人でも1日の総カロリーのうち10%以下の摂取量にします。

 

 

上記のようなことが、高齢者糖尿病患者の食事療法の基本となります。高齢者の方の食事を急に変えると食欲が低下したり、食事指導が厳しすぎるとうつ状態になってしまいます。高齢者糖尿病患者の方の食事を作る際は、カロリー制限に注意するのももちろんですが、高齢者本人が楽しめる食事を作ってあげてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/08/17-006586.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

血糖値に関する特定保健用食品に利用されている成分まとめ

  近年の糖尿病の増加で、特定保健用食品でも「血糖値が気になる方に」とされ...

糖尿病でも我慢しないで食べられる?!低糖質スイーツとは

糖尿病のイメージのひとつに『厳しい制限食』を挙げる人も少なくはありません。 ...


糖質制限をしていてもカレーが食べたい!糖尿病の食事療法

糖尿病の食事において糖質を下げることが重要です。しかし、国民的人気料理、カレー...

欧米では主流?GI値を用いた糖尿病の食事療法とは

糖尿病の治療においては、投薬治療や運動療法がありますが、最も基本的かつ重要な...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る