カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血圧 >
  5. ダイエット中の女性は要注意!立ちくらみやめまいなど低血圧の症状は危険!

健康診断・健康管理

ダイエット中の女性は要注意!立ちくらみやめまいなど低血圧の症状は危険!

 

中年以降は血圧に悩むといえば高血圧が多いかもしれませんが、若いうちは高血圧よりも低血圧に悩む方が多いようです。

 

実際、若いころは朝起きぬけはなかなかすっきりしなかったのに、今では病院で高血圧の疑いがあると言われたなどの経験をお持ちの方も多いかもしれません。

 

高血圧ほど啓発運動はないものの、実は低血圧も危険なのです。

 

収縮期血圧が100mmHg以下だと低血圧

血圧には、血管が開いた状態の拡張期血圧とギュッと締まった状態の収縮期血圧があります。

 

血圧計などで測ると数値が高い方が収縮期血圧ですが、この収縮期血圧が100mmHg以下の場合には低血圧症が疑われます。

 

人によってはまったく自覚症状がない場合もありますが、立ちくらみやめまい、だるさなどが低血圧の特徴です。

 

食事制限ダイエット中の女性は注意!

血圧にしてもほかの体の機構にしても正しく栄養を摂取して運動も適度に行っていることが大事な条件です。

 

食事制限をしている場合には体全体に栄養が足りないために低血圧になっていると考えられます。

 

そして女性の場合は月経などの関係でどちらかといえば男性よりも貧血になりやすいので、低血圧の立ちくらみにプラスして貧血での立ちくらみも考えられます。

 

低血圧で死ぬことはあるの?

心筋梗塞や肺塞栓など、背後に大きな病気が隠れている低血圧でなければ死の可能性は高くはありません。

ですが、例えば失神したときの打ちどころが悪いなど突発的な状況も考えられなくはないので、やはり低血圧は早めに改善しておいた方が良いです。

 

立ちくらみやめまいなどが主な症状である低血圧はダイエット中の女性が特に注意したい症状です。

食べないダイエットよりも運動を適切にするダイエットを選んでください。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●頭痛、吐き気、下痢から考えられる代表的な3つの病気

(Photo by:pixabay )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ただの低血圧と思って甘く見ないで!日常生活で簡単に実践できる食後低血圧の予防策

  1. 健康診断・健康管理
  2. 検査項目
  3. 血圧

  食後に席を立とうとしたとき、めまいやふらつきを起こしたことはありませんか? もし、そんなことが何...

血圧に関する記事

血圧が低ければ予防・改善が必要!食生活・水分・筋力UPで低血圧不調とサヨナラ!

あなたには低血圧の症状があるでしょうか? 低血圧にはめまいや頭痛、肩こり、不眠...

血圧が高いことが臓器に影響を及ぼす!?高血圧で動脈硬化になったら…

  高血圧と言えば生活習慣病の中心であり、気をつけたいものと思っている方も多い...


鍼灸治療は低血圧にも効果あり?効果のある症状とは?

     低血圧によって頭痛や倦怠感、冷え症が起こることがあります。薬を使わ...

気になる「低血圧」の原因3タイプ…血圧は低くても問題になる?!

生活習慣病においては高血圧が問題となります。では血圧は低い分にはよいのかという...

カラダノートひろば

血圧の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る