カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 赤血球 >
  6. 赤血球数が低いときの鉄分摂取は何で摂るのがベスト?

健康診断・健康管理

赤血球数が低いときの鉄分摂取は何で摂るのがベスト?

 

赤血球数が低く、尚且つヘモグロビン値も低い、そして立ちくらみなどがする場合は貧血の可能性が高いです。

そんな時には鉄分を摂取して、血液の状態を改善するのがお勧めです。

 

●赤血球と鉄分

鉄分は赤血球と密接なかかわりにあります。赤血球の主な役割である酸素の運搬のためには鉄分が欠かせないからです。

鉄分が赤血球に酸素を取り付けたり、赤血球から酸素を切り離したりしているので、鉄分なしでは赤血球の働きもままならないということになります。

 

●サプリメントと食事なら食事

鉄分は元々吸収割合が低い存在で、サプリメントにしても食事にしても全体の吸収率は10%程度と言われています。

吸収率から見てみると同じくらいですが、各種実験によって十分な食事以上の効果はサプリメントにはないとされているので、サプリメントか食事なら食事で鉄分を摂った方がよいです。

 

●サプリメントなら天然のしっかりした素材

サプリメントで鉄分を摂取したいというときは原材料が合成か天然かを見てみてください。

よりおすすめなのは天然で、出来ればどこで採れた何を使っているのかを明記してある方がよりよいです。

 

●ベストは病院の鉄剤

病院で処方される鉄剤は、サプリメントや食事に比べると吸収率が6倍程度にもなる鉄分です。

ですので、貧血かなと思ったらサプリメントや食事、運動習慣での改善もよいですがよりスピーディーなのは病院で鉄剤を処方してもらうことと言えるでしょう。

 

赤血球の働きに欠かせない鉄分を摂取するにはサプリメント、食事、鉄剤でいえば鉄剤がトップです。

サプリメントと食事を比べた場合は食事の方がよく、レバーなど鉄分の多い食材を取り入れて調理するよう心がけるのがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/07/18/15/00/cluster-164236_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

赤血球に関する記事

赤血球は一つの物質ではない?赤血球検査からわかる様々な成分を知ろう

健康診断などで血液の精密検査を行うと、一口に赤血球といっても、赤血球に関連する...

貧血の原因は鉄分不足ではないかも!?赤血球が壊れる溶血性貧血

  顔色が青白かったり疲れやすかったりすると、「もしかしたら貧血かも」と心...


赤血球数を知るとわかる病気 赤血球の少ない病気、多いと多い病気とは

  血液検査を行うときには血の中に含まれている成分を見たり、特定の成分が出過ぎ...

赤血球は多くても少なくてもいけない?赤血球数の見方とは

血液の中の半分弱は血球と呼ばれるもので、その大部分は赤血球で占められています。...

カラダノートひろば

赤血球の関連カテゴリ

赤血球の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る