カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. アナフィラキシーは突然起こる!知っておきたい原因と通常のアレルギーとの違いとは?

育児

アナフィラキシーは突然起こる!知っておきたい原因と通常のアレルギーとの違いとは?

子どものアレルギー症状の一つ「アナフィラキシー」。本やニュースで見たり聞いたりするものの、具体的にどういう症状なのかいまいちわからないというパパママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、アナフィラキシー」についてご紹介します。

 

アナフィラキシーとは

アナフィラキシーとはアレルギーの一種。全身にじんましんや動悸といった症状が急激に発生するものです。

アレルギーの原因となる物質であるアレルゲンに接触した後、早い人は数分で、遅くとも数時間以内に症状が発生。重篤なアナフィラキシーの場合は命を失うこともある、非常に怖いアレルギー症状です。

 

アナフィラキシーの原因

アナフィラキシーの原因となる物質には様々なものがありますが、代表的なものとして、薬品・食品・蜂の毒・ラテックスなどがあります。子どもの消化器官が未発達のためアレルギー症状が出ると言われています。

特に注意しておきたい「食品」

アナフィラキシーを起こしやすい具体的な食品で言えば、はちみつやピーナッツが筆頭にあがります。他には、肉類・大豆・甲殻類・チョコレート・果物・野菜など幅広いのが特徴です。

離乳食が始まる生後6ヶ月〜食事が安定する2歳までは特に注意が必要です。

 

アナフィラキシーの症状と対処法

アナフィラキシーの主な症状は以下のようなものが挙げられます。

 

・皮膚が赤く腫れ上がる

・じんましんが出る

・腹痛・嘔吐・下痢

・動悸・脈が速くなる

・血圧が下がり、めまい・ふらつきが起こる

・体調不良・不安感をおぼえる

・咳・くしゃみ・鼻水

・呼吸困難

 

通常のアレルギーとの違い

通常のアレルギーでも、アナフィラキシーと同じような症状が発生しますが、アナフィラキシーが普通のアレルギーと異なるのは、症状が全身に及ぶという点です。

そして、重症の場合には呼吸停止状態になるなど、命に関わる場合がある点は、通常のアレルギーとは異なります。

 

アナフィラキシーを起こしたら

 

アナフィラキシーを起こしたらすぐに病院に連れて行きましょう。早期に処置しないことで、血圧が低下し呼吸困難や意識障害に陥るリスクが高くなります。

 

救急隊員が到着するまでできることは以下の通り。

・まずは安全な場所に運んで衣服を緩める

・食べ物が原因だと感じた場合は、口に残っている食べ物をすぐに吐かる

・体を横にする、もしくは本人が楽だと感じる体勢をとって待機

 

【体験談Pick Up】アナフィラキシー発症

投稿者:まつちゃんさん

10ヶ月になった頃、私が食べていたケーキのスポンジを子供に一口ちぎってあげたことがきっかけでした。 息子は美味しそうに完食して、その後いつも通り30分ほど遊んでいたのですが、しばらくして泣き始めたので眠いのかな?と思いおっぱいを飲ませたところ泣き止みはしたけどグズグズ。その後外にお散歩に出かけました。

 

その間もグズグズ。 〝どうした?暑いのかな?〟 と思い洋服を脱がせたところお腹に大量の蕁麻疹が。 これが原因か、病院に行って見てもらおうと準備をし、息子を抱っこしたところあごの下から首まで蕁麻疹でボコボコになっていました。

 

急いで車に乗せ病院に向かっている時、息子に声をかけようと見ると唇が紫色になってチアノーゼをおこし、意識が朦朧としていました。 家から病院まで10分かからずくらいなのですが車に乗せてから症状が悪化しました。 病院に着き緊急だと伝え、すぐに処置してもらいました。 気管支拡張剤とステロイド注射を打つと紫色の唇がもとに戻り、意識もはっきりとしてきました。蕁麻疹も一時的にひいてくるのですが、またしばらくするとボコボコになる、の繰り返しで。即入院になりました。

 

先生から 〝原因はスポンジに含まれる卵白かなぁ、その後外にでて散歩して身体動かしてるからそれも原因の一つかも〟と。 〝もうちょっと病院に来るのが遅かったら大変なことになっていました〟と。 10ヶ月の赤ちゃんの細い腕に点滴をされ、落ち着いてきたのか私に笑顔を見せてくれる息子をみて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

いまだにあの時のことを思うと涙がでます。 これを機にアレルギーのため除去している食品がある場合は必ず病院で負荷試験をして解除になってからでないとだめだと知りました。 もう2度と同じことをしてはいけないと、アレルギーに対する安易な考えはやめきちんと勉強をしていこうと思いました。(一部抜粋)

 

アナフィラキシーは突然やってくる

アナフィラキシーは子供に突然やってきます。昨日まで問題なく食べていたものが、ある日食べたときに突然アナフィラキシー症状が出る場合があります。

特に、同じ種類のものをたくさん食べるとアレルギーの元になる場合があるので、好きだからといって、毎日食べさせるのは避けたほうが良いでしょう。

また、離乳食期の赤ちゃんは特に反応しやすいため、食材に注意することが大切です。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意したい病気に関する記事

春先に起こる車内の熱中症…春はまだ体の準備ができていないからなおさら注意!

熱中症といえば、夏にかかるものと思われがちです。しかし、実際には春先から熱中症と...

なぜ子供は熱中症になりやすい?子供の熱中症が多い理由と熱中症対策7選

子供は外に出かけるのが大好き。暖かい季節になってくると、子どもと一緒に外出する機...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

注意したい病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る