カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. 子どもの発熱の対応はどうする?

育児・子供の病気

子どもの発熱の対応はどうする?

 

子どもの発熱時の対応を見ていきます。


●発熱とは?


子どもはもともと平熱が高いです。
そのため、発熱とは何度からを指しているのかわかりにくいという声もあります。
大人の場合、微熱を37度4分まで、それ以降は発熱としていますが、子どもの場合は個人差があります。
発熱の他に、体の様子もみながら判断していく必要があるといえるでしょう。
また、平熱を知ったうえで起床時・午前・午後・夜の熱を測ってみて、日内変動である1度以上の差が出た場合は発熱の可能性が高いです。


●38度以上の熱には要注意!


38度5分以上が高熱とされていますが、突然熱が上がって38度以下になかなか下がらないという時は、熱射病インフルエンザの可能性もあります。
インフルエンザは、脳にウイルスが侵入すると死亡率が非常に高いインフルエンザ脳症を起こす可能性もあります。
もしも急に38度以上の熱が出て、苦しんでいたり吐き気・腹痛を訴えるときは病院に連れて行ってください。


●発熱の対処法


発熱の他に身体症状(痛み、吐き気など)がある場合には、病院に行って治療を受けることをおすすめします。
そうでなければ家で少し様子を見てみましょう。
発熱の対処法としては、熱が高いときは冷やすことが最優先です。
氷のう保冷剤首回り脇の下を冷やしてください。
汗をかいたときは清潔なパジャマに着替えさせ、水分補給も忘れないようにします。
食欲がないときは、水の他に、口当たりのよいヨーグルトなどを食べさせるとよいです。

 

(Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=9646)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発熱に関する記事

子供が脳波検査を受けるきっかけにもなる!熱性けいれんと脳波検査の関係とは

熱性けいれんとは、生後半年から5歳くらいまでの乳幼児に見られるけいれん・意識障...

心配しすぎはNG!?子どもの発熱…発熱以外でよく確認したい症状は○○

子どもはよく熱を出します。熱を出すたびあたふたしていたら大人でも身体がもたない...

発熱の体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

うちの子に買ってよかったのはこれだ!!その2

昔ながらの氷枕です! 子供ってものすごく頻繁に熱を出しませんか? うちの男子2人はものすごく...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る