カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. カリウムが高血圧を予防する?その理由とは?摂りすぎには注意!

生活習慣病

カリウムが高血圧を予防する?その理由とは?摂りすぎには注意!

高血圧は文字通り血圧が高くなることですが、これを放置していると動脈硬化を促進するだけではなく、脳卒中や心臓の疾患に至るため、早期の対策が必要です。

高血圧の対策には、カリウムを含む食事を摂るのが良いとされていますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

カリウムが高血圧予防に良い理由

カリウムは人間にとってなくてはならないミネラルの一つです。

カラダの中にはだいたい合計で120-160g程度存在しています。カリウムの基本的な働きは、細胞内の機能を強化し、血液中の酸や塩素のバランスをとること、そして、スムーズな神経の伝達など様々です。

では、どうして、カリウムが高血圧予防によいかというと、高血圧の原因の一つである塩分(塩素やナトリウム)の弊害を抑制してくれるからです。高血圧には、肝臓病に伴っておこる二次高血圧と、それ以外の本態性高血圧があり、カリウムの摂取によって本態性高血圧の発症が抑制されるという研究結果も発表されています。

 

カリウムを豊富に含む食材

カリウムを豊富に含む食材には以下のようなものがあります。

・レーズン

・セロリ

・海藻

・アーモンド

・りんご

・ピーナッツ

・ひまわりの種

・胚芽など

 

カリウムは摂りすぎにも注意

このように高血圧予防に最適なカリウムですが、摂り過ぎには注意しなければなりません。カラダの機能上、余剰なカリウムは尿に含まれて体外に排出されます。

しかし、その排出能力を超えてカリウムが増えてしまうと、尿毒症や慢性腎炎を引き起こすリスクが高まります。

極端な場合は、心臓にも悪影響を及ぼし、生命の危険もあるので、カリウムがいくら高血圧予防によいからといって摂り過ぎは禁物です。

 

成人のカリウムの1日標準摂取量は2000mgです。

通常の食事をしている限り不足することはありませんが、高血圧予防や高血圧の人は少し意識してカリウムを含む食材を摂取したほうが良いでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349551.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

塩分だけが高血圧の原因ではない!血圧と塩分の関係について

  高血圧の原因は塩分だと言われることが多いですが、それは高血圧の症状を起...

カリウムやマグネシウムをとろう!~高血圧対策にオススメな食品~

  高血圧対策には何と言っても食事療法が欠かせません。食事を改善すれば血圧...


血圧を下げる食事の5つのポイント!

塩分摂取量は1日6g未満日本人の多くは、1日に10g~12gの塩分摂取していると...

塩分制限による食事制限とは?高血圧改善のための食事療法

   高血圧を改善するための食事制限ですが、その制限項目はほとんど塩分制限...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る