カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 高血圧~日々の家庭内血圧測定で分かるコト 血圧と気温の変化

生活習慣病

高血圧~日々の家庭内血圧測定で分かるコト 血圧と気温の変化

高血圧については、その予防方法については様々な点が議論されていますが、まず血圧を理解するために、家で毎日血圧を測っていってはどうでしょうか。

また、同時に血圧の変化に対する特徴として、気温との関係について理解しましょう。

 

1.まずは自分自身の血圧を知ろう

日々自分の血圧を測ることは非常に重要です。

毎日家で血圧を測ることで、自分自身の血圧状態について正しい理解をすることからはじめましょう

薬物治療や他の治療を行うことで、自分の血圧が下がったことを確認できれば、モチベーションの維持にもつながります。

計測した血圧についてはその結果を、お医者さんにも伝えるようにしましょう。

今後の治療方法についての非常に重要な情報の一つとなり、今までの治療方針が適切かどうか、また病院での血圧測定ではわからない、仮面高血圧や早朝高血圧の有無についても把握することができるようにあります。

 

血圧は測る時間帯・状況によっても大きく左右されるので、毎日測定する際に、時間を決めることが重要です。

おすすめなのは、寝る前と朝起きた後1時間以内(ただし、朝食前)に血圧を測ると良いでしょう。

 

血圧の測る場所ですが、手首ではなく上腕で測ると良いでしょう。

測定前にはトイレは済ませておいて、椅子に座り1-2分安静にすることで、カラダを動かしたことによる影響を排除できます。

 

2.血圧と気温の変化

気温が低い場合血管が収縮してしまうため、冬場や寒いところにいると血圧が高くなる傾向にあります。

また、冬場の暖かい室内から寒い屋外に出た場合、夏場の暑いところから、冷房がキンキンに冷えた部屋に入った場合、急な血圧上昇につながる場合があります。

そのため、急な血圧上昇を防ぐためには、できるだけ急な温度変化を緩和するため、服装などには注意しましょう。

 

血圧を日々はかることで自分の血圧を理解するだけではなく、血圧と気温の関係を理解することで、どうすれば急激な血圧変化を防げるかをもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349552.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

記録・管理に関する記事

気になる高血圧改善の目標数値!年齢ごとに異なる高血圧の降圧目標数値について

高血圧と診断されたら、治療を受けたり生活改善を行いながら改善に取り組んでいく...

毎日測る朝の血圧…朝に血圧を測るとこんなデメリットが!?あなたは大丈夫?

家庭血圧で朝、血圧を測ることはとても重要です。高血圧気味で医師から指導されてい...


家庭の血圧測定は1日2回が常識!いつ測定するのがベスト?!

家庭用血圧計が広まり、治療の一環としても家庭血圧が参考にされているため、毎日家...

朝の血圧が高いなら、薬の処方が変わるかも…朝の血圧に注目してみましょう

高血圧は、血管がつまって起こる脳卒中や心筋梗塞など、重篤な症状のリスクを引き上...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る