カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 便秘 >
  5. 実は怖い! 悪循環を招く小児期の重症便秘を知っていますか?

育児・子供の病気

実は怖い! 悪循環を招く小児期の重症便秘を知っていますか?

 

トイレトレーニング期、また幼稚園小学校への入園入学をきっかけに、やっかいな便秘を起こすお子さんが多いそうです。

 

通常の便秘であれば食事に気をつけたり、浣腸の使用やお腹をマッサージをする事によって改善される事もありますが、便が出ない状態が長期に続くと重症化してしまい、便漏れを起こすこともあるようです。

そういった子供の便秘の重症化を予防する為に、2013年9月に治療法等がまとめられた診療ガイドラインが出されました。

 

上記のような怖い重症便秘の症状や、治療法について書いてみたいと思います。

 

便秘の症状が続くとどうなるの?

小児科などで適切な処置を受けないまま、便が出ない状態が長時間続いていると、腸内にある便から水分がなくなって、便がどんどん硬くなってしまいます。

たとえ便意が来たとしても、硬くなってしまった便を排出するとなると、肛門が切れてしまったり、腹痛を伴うことが多いです。

 

そのような状態が長く続くと、便意を感じる神経や筋肉の働きが弱くなり、慢性化をしてしまい、更に腸内に便が溜まってしまいます。

 

上記な状態が続くと…

上記のような慢性的な便秘が続くと、重症化が進んでしまい、本人の意思とは関係なくポロっと硬い便が出てきてしまったり、硬くなった便の隙間から軟らかい便が漏れ出るなど、オムツが外れているのに便を漏らしてしまうことも・・・。

 

園や学校で便を漏らしてしまうことは、お子さんもとってとても辛いことです。

このような症状になってしまった場合、治療経験が豊富な医師の受診が必要です。

 

重症化してしまった場合の治療法や対処法は?

・ まずは大量に蓄積してしまった便を、浣腸などを使い全て取り除く。

・ 便秘になりにくい食事についての指導を受ける。

・ 食事は一日三回、しっかりと摂ること。

・ 規則正しい生活を心がける。

・ 園や学校で排便を我慢しないようにお子さんに話をする。(デリケートな問題なので親御さんが担任の先生とも対応についてきちんとお話をしてあげてください。)

 

重症化してしまった場合は、治療後も数ヶ月間下剤を飲み続けることが必要になるようです。 まずは、いかに重症化をしないかが大事です。 日々の食生活や生活習慣を整え、普段のお子さんの便の状態をよく把握してあげ、すこしでも便の様子が違うと感じたら、早めの小児科の受診をおすすめします。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/26-375629.php?category=234)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便秘に関する記事

子どもの便秘にいい食べ物とは?便秘解消にはビフィズス菌、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が効く!

子どもがうんちが出なくて腹痛に苦しんでいると、ママも見ていて辛いですよね。 毎...

これで子どもの便秘もすっきり!綿棒浣腸のやり方・ポイント

なかなか子供のうんちがでなくて、子供もお腹に違和感があるときに具体的にどのよ...

便秘の体験談

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

便秘解消の最終兵器、綿棒浣腸

赤ちゃんの便秘が続くと、綿棒浣腸や砂糖水を試すお母さんも多いと思います。 我が家では、便秘三日目を...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る