カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

女性のカラダの悩み

更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれています。近年、50歳前後の更年期の女性に注意喚起が行われているのが、高血圧症が疑われた際は『妊娠高血圧症(妊娠中毒症)』の既往歴が過去にあるかどうかの確認です。

 

更年期と妊娠高血圧症

更年期では、女性ホルモンの急激な分泌減少によって血圧(他コレステロール値、血糖値)が上昇しますが、この発症の原因として、妊娠期の10%の女性が発症するという『妊娠高血圧症』の経験が深く関連していると言われています。

 

また、高血圧症の治療が遅れることで、その後腎障害への移行の可能性(初期は無症状)も示唆されています。

更年期に高血圧が疑われた際は母子手帳に『妊娠高血圧』の兆候がないか確認の上、受診することが勧められています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

 

妊娠高血圧症候群とは?

妊娠高血圧症候群(旧名称:妊娠中毒症)とは、妊娠女性の7~10%に見られるとされる疾患で、【高血圧、蛋白尿、浮腫】が主な症状です。

妊娠高血圧症候群の定義は、妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、なおかつこれらの症候が偶発合併症によらないものを言います。(妊娠中毒症とは異なり、蛋白尿や浮腫のみでは、妊娠高血圧症候群と診断できない)。

◆妊娠中の高血圧

 

最高血圧:140mmHg以上、最低血圧:90mmHg以上

 

◆妊娠中の尿蛋白異常値

 

30mg/dl以上(+):陽性

 

妊娠高血圧症の予後調査(更年期)について

埼玉医科大学腎臓内科において行われた、1995年から2004年までの675例の腎生検のうち、母子手帳により妊娠中毒症(妊娠高血圧症)と記載のあった中高年女性の予後については以下の報告があります。

◆妊娠高血圧症の予後についての調査

 

【調査内容】腎生検を行った40~55歳女性72名中、母子手帳に妊娠中毒症の記載があった人数33名の腎病理検査を行った。

【結果】33名中、 IgA腎症13名、巣状糸球体硬化症10名、腎硬化症10名。

⇒妊娠高血圧症の既往歴がある女性は、更年期にIgA腎症など腎障害発症の可能性があると見られる。

 

 

IgA腎症とは?

IgA腎症は、主に免疫グロブリンの一種であるIgAが免疫複合体を形成して、腎糸球体メサンギウム(糸球体内の毛細血管と毛細血管の間のスペース)領域に沈着し、炎症を生じる疾患です。

 

肉眼的血尿(コーラ色の血尿)が見られます。初期段階は無症状であるため、定期健診などの検尿で顕微鏡的血尿を指摘されて偶然に発見されることが多いようです。

 

高血圧は腎症状を悪化させるため、早期治療が必要とされています。

⇒IgA腎症では、高血圧は症状を悪化させる要因になりますが、糸球体腎炎などでは高血圧は発症原因になります。

 

更年期高血圧症の予防方法

以下の5点が推奨されています。

 

◆バランスの良い食事の摂取

「塩分を控える」だけではなく、降圧作用のあるミネラル摂取なども含めたバランスの良い食事をとりましょう。

 

◆適度な運動

無理な運動は禁物ですが、適度な運動は血圧を下げる効果があります。負担の少ない運動から取り組むことが必要です。

 

◆タバコ、お酒を控える

タバコやアルコールは血圧を上げる原因になるので控えることが必要です。

 

◆肥満に注意する

肥満による高血圧のほか、高脂血症による動脈硬化の危険性もあります。

 

◆急激な温度変化に注意する

急激な温度変化があると血圧は一気に上がる傾向があるので、特に高齢者は注意が必要です。

 

◆ストレスをためない

ストレスによっても血圧が上がるので、ストレスをうまく解消することが必要です。

 

上記の調査においては33名の予後についての報告が見られましたが、妊娠高血圧症と更年期高血圧症に関するデータは不足しており、腎症発症などとの関連性もはっきりしていないのが現状のようです。

 

その理由として、

1)妊娠中毒症が妊娠の終結とともに消失すること、

2)一般に妊娠中毒症を長年にわたって経過観察されることがないこと、

3)妊娠中毒症の既往に関しては多くの女性がほとんど意識をしなくなること、

などがあげられています。

 

いずれにしても妊娠高血圧腎症の既往歴がある場合は、注意深く腎症の予後について注意観察していく必要がありそうです。

 

 

つらい更年期障害に効果的!ホルモン療法ってどんなもの?

 

■女性だけではない更年期障害

更年期障害は女性がなりやすい、加齢による様々な諸症状のことを指します。

その原因は、女性の卵巣機能が低下することによる、ホルモンバランスの乱れによるものです。

 

女性よりも少ないケースですが、男性にも更年期障害になる場合があり、その場合は精巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れが原因となります。

 

どちらもホルモンバランスの乱れであり、更年期障害はホルモンバランスの乱れによる症候群と言えます。

 

この問題となるホルモンは、人の身体機能に深く関わる分泌物であり、とくに人の無意識に動く自律神経に大きく関わります。そのため、更年期障害の症状はほとんどが、自律神経失調症の症状と同じものとなっているのです。

 

その更年期障害を治療するにはやはりホルモンバランスを整えることが最も有効となります。

 

■ホルモン療法による更年期障害治療

●エストロゲン

更年期障害で不足するエストロゲンという女性ホルモンを飲み薬か貼り薬として補充する療法。

 

●黄体ホルモン配合剤

月経の有無や症状によって、エストロゲン単剤と併用して使用。

 

●テストステロン

男性の場合不足する男性ホルモン。

※女性の場合、女性ホルモンの補充によって乳がんになる恐れがある。

 

女性にしろ男性にしろ、高齢になれば男性女性それぞれのホルモンが欠乏するのは自然の摂理とも言えます。その不足するホルモンを補充するHRT(ホルモン補充療法)が治療法として最も有効なのは確かです。

 

しかし、ホルモンバランスの乱れによって自立神経の働きが衰えるのが更年期障害です。

 

生活習慣を改善するなど自律神経を高める治療法などもホルモン療法よりも手軽に症状を緩和できます。

 

 

信じられない・・・こんなに早く閉経してしまうなんてどうしたらいいの?

平均の閉経年齢は50歳と言われています。しかし、近年、30代や40代の前半で更年期障害のような症状と共に、若いうちに閉経してしまう女性が増えています。この早発閉経は何が原因で起こり、治療方法はないのでしょうか。

 

(早発閉経の原因と治療法)

早発閉経は、無月経とは異なります。無月経の場合は、ストレスや生活環境などが原因で生理が一時的にストップした状態ですが、更年期障害のような症状はでませんし、検査をすれば卵胞や女性ホルモンは確認されます。それに比べ、早発閉経の場合は、女性ホルモンの分泌が減り、排卵が行われていない状態なので、更年期障害のような症状が出てきます。原因ははっきり分かっていませんが、染色体の異常や、自己免疫力の低下、抗ガン剤の副作用なども考えられています。早発閉経は卵巣機能不全と言われており、若い年代での早発閉経には、卵巣の老化が最もよく見られるようです。

 

この卵巣機能不全は妊娠を希望している人にとっては、最も妨げになる病気です。今後、妊娠を希望するかしないかで治療法も変わってきます。

妊娠を希望する場合は、主にホルモン療法が行われます。排卵誘発剤を使って排卵を促す治療を行います。

妊娠を希望しない場合は、骨粗しょう症や更年期障害の症状を予防するためのホルモンを補充する治療法があります。

 

 

早発閉経は妊娠を希望する女性にとっては、かなり深刻な問題です。早発閉経の場合は、妊娠の可能性はゼロではないですが、非常に低い確率になります。月経が来ないと思ったら、放置するのではなく、早めに受診して検査をする事で、自分に合った治療法を先生と相談しながら、根気強く治療をしていくことが必要です。

 

 

諦めないで!治療次第では早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

閉経とは、卵巣の機能が消失してしまった状態で、一般的には50代の女性が多いですが、40歳以下で閉経してしまう事を早発閉経と言います。早発閉経の場合は、治療を行わない限りは、回復の見込みはないとされています。40歳以下といえば、まだ子供が欲しいと妊娠を希望する人もたくさんいます。どのような治療法があり、どうすれば妊娠できるようになるのでしょうか。

 

(早発閉経の原因)

若い女性に多い、無月経は過度のストレスやダイエットで卵巣機能が休止している状態で回復する見込みは十分にありますが、早発閉経は、卵巣の機能が消失した状態なので、治療を行わない限りは、卵巣機能の回復はありません。したがって、妊娠する事は出来ないという事になります。この早発閉経は20代や30代などでも見られ、これから妊娠を希望する人も多いですが、なかなか難しいのが現実です。

早発閉経の原因は、今のところ、殆どは原因不明と言われています。最近では、過度のストレスや無理なダイエット、喫煙習慣も早発閉経に関係しているのではないかと言われています。

検査で、40歳以下で半年以上の無月経の状態が続き、血液検査でエストロゲンの数値が低く、ゴナドトロピンが基準値より高ければ早発閉経と診断されます。

 

(早発閉経の治療法) 

早発閉経の治療法は基本的にホルモン補充療法で、妊娠を希望する場合には、黄体ホルモンやエストロゲンの補充、排卵誘発剤を使った治療を行います。

また、妊娠が難しいとされる早発閉経の患者から卵巣を取り出し、冷凍保存した後で、卵巣から卵子を培養して体外受精を行い、患者の子宮に戻して妊娠させる方法で、3人中2人が妊娠したという報告があります。

  

早発閉経だからと言って、妊娠を諦めるのではなく、治療を続けることで妊娠する事ができる可能性があるので、早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

(photoby:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

更年期に関する記事

更年期に起こるさまざまな症状と対処法!いびきとの関係は?

更年期の症状としてはあまり聞かないかもしれませんが、「足がだるい」と訴える人...


PMSで出勤できない人のための生理休暇、その実態とは?性欲との関係?10代でもPMS症状が出る訳とは

生理休暇というものがあるのをご存知でしょうか?   労働基準法で定められ...

運動療法・足ツボマッサージで更年期障害を効果的に緩和しよう!更年期障害に良い食事とは

更年期障害に見られる精神不安定の解消、 肥満防止や、食欲不振の改善には、 ...

カラダノートひろば

更年期の関連カテゴリ

更年期の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る