カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 糖尿病とアルコールは相性が悪い?アルコール摂取の制限の有無と量

生活習慣病

糖尿病とアルコールは相性が悪い?アルコール摂取の制限の有無と量

 

 

糖尿病を発症している場合、アルコールの制限をしますが、全く飲んではいけない方とカロリー制限内であれば飲んでも良い人がいます。今回はアルコール摂取の制限の有無と量、注意点、お勧めのおつまみについてまとめました。

 

 

アルコールを全く飲んではいけない人

 

インスリン治療を行っている方です。糖新生(とうしんせい)を抑制して、低血糖を起こす危険性があるためです。

また、末梢神経障害がある方もアルコールによって悪影響があるため、飲んではいけません。血糖値をきちんとコントロールできていない方も飲んではいけません。

 

 

カロリー制限内であれば飲んでも良い人

 

上記以外の人では、アルコールを全く飲んではいけないわけではありません。12単位以内(160kcal以内)であれば飲んでも大丈夫です。2単位の目安はビールなら中1本、ウイスキーならダブル1杯、日本酒なら1合弱となります。チューハイなど甘いお酒は避けることが望ましいです。

 

 

注意点

 

・エネルギーが7kcal/mlと高いため、飲みすぎに注意します。

 

・飲むことにより胃酸の分泌が盛んになる、アルコールで気が大きくなるなどにより食事管理をおろそかにしてしまわないように注意してください。

 

・おつまみのカロリーは少量でもカロリーが高く、特にナッツ類、チーズは特にカロリーが高いため、量に注意をしてください。

 

 

お勧めのおつまみ

 

冷やっこ、エダマメ、お刺身、酢の物・きんぴらなどの野菜の副菜、さきイカ(揚げていない)などカロリー、糖質が低いものがお勧めです。

 

 

糖尿病でインスリン治療を行っていない方、末梢神経障害のない方、きちんと血糖値のコントロールしている方は、たまには頑張った自分へのご褒美としてお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/03/13-386931.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

糖尿病食は頑張っていては続けられない!だからこんなアプリに助けてもらおう!

   糖尿病になって困ることはなんでしょうか?ひとつは「食事」だと思います。毎...

糖尿病の食事宅配サービスを利用する際の注意点とは?

    糖尿病の食事管理は毎日のことであり、制限も多いため慣れるまではもちろ...


糖質は体にとって重要なエネルギー源…でも必ずしも必要ではない?!

  アミノ酸や脂肪酸には体内では精製されない必須の栄養素がありますが、糖質におい...

2015年、塩分の摂取量の目標量が変わりました!あなたは目標達成できますか?

   2015年の4月から、「日本人の食事摂取基準」が変わったことを知っていま...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る