カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 血清鉄 >
  6. 妊娠中や子どもの成長期には血清鉄不足に要注意!

健康診断・健康管理

妊娠中や子どもの成長期には血清鉄不足に要注意!

 

鉄分は赤血球を手伝って酸素を運ぶ役割をしている大切な存在です。

体の中にも鉄分が当然存在しますし、血液中の鉄分があることで健康が守られています。

そんな血液中の鉄分を測る検査が血清鉄ですが、血清鉄について特に注意が必要なのが成長期のお子さんと妊娠中の妊婦さんです。

 

●たくさんの血液が必要な成長期

成長期は名前の通り体も心も成長する時期で、血清鉄とかかわっているのは体の成長に伴う血液の必要性です。

体が大きくなるにつれて成長した部分に多くの血液や栄養分を送るために血清鉄も必要なのですが、実のところ鉄分の足りていない子も多くいます。

主な原因は偏食、思春期を迎えるとダイエットなどで鉄分が足りなくなる子がいるのです。

子供の鉄の食事摂取基準は8-9歳で男子9.0mg、女子8.5mg、12-14歳で男子11.5mg、女子9.0(13.5…月経のある子)mgとなっています。

 

●16mgは必要な妊娠中の鉄分

妊娠中は自分はもちろん赤ちゃん、そして赤ちゃんを育てるために必要な胎盤にも血液と栄養の運搬が必要ですのでさらに多くの鉄分が必要です。

一般的に妊婦の鉄分の必要量は16.5mg以上とされていますが、これは妊娠初期です。

妊娠後期になって赤ちゃんが大きくなってきたらさらに鉄分が必要で、20mgは摂取しておいた方がよいとされています。

妊娠中に鉄が少ないことで貧血を起こすと赤ちゃんが育ちにくくなったりもするので、妊娠中は普段以上に鉄摂取を意識してください。

 

鉄分が特に必要な2つの時期が成長期妊娠中で、どちらも体の中で栄養を送るべきところが増えたことによって鉄分も必要となります。

成長期には親御さんが協力しながら食べ物やサプリメントなどで鉄分を摂取するのがおすすめです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/01/23/03/58/students-250164_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血清鉄に関する記事

男女でも異なる?血清鉄量からわかる病気…こんな病気が!?

健康診断などで血液検査を行った場合、数ある血液中の成分の中で、血清鉄という項目...

遺伝子異常によって赤血球の生成がうまくできなくなる貧血…サラセミアってどんな病気?

  貧血にはさまざまな種類がありますが、日本国内で最も患者が多いとされるのは鉄...


鉄分の量が高すぎてもダメ?血清鉄量の増加からわかる病気

血液内に存在する鉄分は酸素と結合するために用いられ、鉄分が不足すると体内に酸素...

血清鉄の正常値と異常値から考えられる病気とは?鉄欠乏性貧血・肝炎…

血清鉄は鉄分が血液中に十分あるかどうかを確認するための健康診断の項目の一つです...

カラダノートひろば

血清鉄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る