カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血小板数が多い・少ないとどうなるの?血小板検査とその基準値とは

健康診断・健康管理

血小板数が多い・少ないとどうなるの?血小板検査とその基準値とは

ちょっと指を切った時などに、放っておくといつの間にかかさぶたが出来ていたりしますよね。それは血液中にある血小板が開いてしまった血管に対して働きかけ、出血を止めているからです。

 

血管の損傷を体が判断すると血小板がやってきて、たくさんの血小板が損傷部分を塞いで血液が外に流れ出るのを止めています。

 

血小板検査と基準値

血小板検査はほかの多くの検査と同じように、注射器などで採取した血液を機械にかけて測定します。

 

白血球数、赤血球数などのように血小板も『数』で表しますが、基準値は14万-34.9万個/μl(測定方法による違いあり)です。最初から血小板数が多めの人、少なめの人はもちろんいますが、日内変動や一人の人間での大きな変化はないタイプの検査値です。

 

血小板数が少ないと血が出やすくなる

血小板数が少ないということは、もしも血管が損傷してもなかなか止血のために必要な血小板が届かないということでもあります。そのため、小さな怪我であっても血が流れ出たままになるなど命にも係わる事態が起きうる可能性も在るのです。

 

特に血小板数が2万個/μl以下になると白血病、再生不良貧血などが考えられます。

 

血小板数が多いと血が固まる

血小板数が多いと、血管が損傷したときにはすぐに血液が止まるのでよいように思えます。ですが、血液の内部は血小板の数が多いことで、血液全体が固まりやすいのが問題です。

 

血液の中で血栓ができ、それが脳や心臓など体の重要な器官への栄養分運搬を阻害する危険性があります。血小板数が多い病気には慢性骨髄性白血病、骨髄線維症などがあります。

 

血小板は血液が傷ついている場所に集まって、血が流れ出るのを止めてくれる役割があります。血小板が少なくなれば出血がなかなか止まらなくなり、血小板が多くなれば体内で血栓が出来やすくなります。

 

血小板を測るときに使う抗凝固剤によって偽性血小板減少症(本当は血小板が少なくないのに検査結果上は少なく出る)の可能性もあります。偽性血小板減少症は自己免疫疾患患者には多いようです。

 

血小板が基準値よりも少ない!~急性白血病について~

血小板と骨髄との関係についてはあまり知られていませんが、骨髄に何らかの異常があると血小板が増えすぎたり少なくなったりするので、血小板の値というのは骨髄機能を見る上で非常に重要なバロメーターの一つです。

 

急性白血病とは

血小板が基準値よりも少ない場合に疑われる病気として、急性白血病があります。急性白血病とは、骨髄内の造血幹細胞や造血前駆細胞が自立的増殖能を獲得したり、これらに分化成熟障害が起こったりすることで、細胞が腫瘍化してしまう病気のことです。

 

こうした腫瘍化した細胞は、通常の寿命を超えて生き延びるため、骨髄内にある正常な細胞があるべき部分を占拠してしまい、骨髄がもつ極めて重要なはたらきである造血作用を阻害するばかりか、血小板をはじめとする様々な血液細胞の産出を減少させてしまいます。

 

急性白血病の症状とは

急性白血病の症状としては、発熱、貧血、出血傾向が著しいというのが典型的な症状で、他にも脾腫、骨の痛み、リンパ節腫脹が症状として現れる場合もあります。さらに不死身の腫瘍細胞がどんどん増殖し、他の内臓へ浸潤していくことが知られており、肝臓や脾臓、髄膜、皮膚、精巣などへの浸潤が多くなっています。

 

急性白血病の治療方法

急性白血病の治療としては、抗がん剤を用いた化学療法が基本で、骨髄中に増えてしまった白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やしていく手法です。

 

このように急性白血病の結果として血小板の値が下がり、カラダの免疫機能が低下し、出血が止まりづらくなるなどの症状も現れます。貧血や出血傾向があり、血小板の値が低い場合はお医者さんに一度診てもらいましょう。

 

手足の指先から皮膚がむける?血小板と川崎病の関係とは?

血小板は、血管にキズがついた際にその部分に集合し止血するという大変重要な役割を果たしており、血小板がなければ人は出血多量で死んでしまいます。

 

しかし、血小板が基準値よりも増えてしまうと、それはそれで問題なのです。

 

では血小板が多い場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。その一つに川崎病があります。

 

川崎病とは

川崎病とは1967年に川崎富作博士が発見した病気で、手足の指先から皮膚がむけてしまうという症状があります。この病気は世界各地で報告されておりますが、主にアジアに多くみられますが、開発途上国ではあまり見られない病気です。

 

川崎病の原因

原因は未だに明らかになっていませんが、免疫機能の不全によるものではないかと考えられ、その結果として全身の中小のサイズの血管に炎症が生じます。

 

血液の中で、白血球は細菌などを撃退するという重要な役割がありますが、あまりにも過度に反応してしまうと、自分自身の組織を破壊してしまうことになります。

 

それが血管を攻撃すると、白血球から出る酵素によって血管壁に炎症が出来てしまうのです。

 

川崎病は、急性期・回復期に血小板が異常に増えるようです。さらに、血液の凝固を促進するような、凝固因子の活動が活発化します。その結果として、冠動脈瘤の中に血栓ができてしまいます。

 

血栓ができてしまうと、心筋梗塞のリスクが高まり大変危険です。この症状は、川崎病が発症してから1年半以内に発生する可能性が高いとされています。

冠動脈が閉塞する危険性がある瘤の大きさは、7ミリ以上であるとされています。

 

以上のように、川崎病は原因が不明なものの、免疫機能の不全によって血管の炎症など様々な症状を引き起こします。悪化すると血小板が以上に増加して、心筋梗塞になるリスクもあります。早期発見、早期治療がとても大切です。

 

血小板が多くて血液がドロドロ…サラサラ血液にする食品を食べよう!

血小板が多いと凝固作用が強くなり、血液がドロドロになってしまいます。ドロドロの血液はさまざまな悪影響を体に及ぼすので、血液をサラサラに改善していくことが必要になります。血液の凝固作用を下げて、ドロドロ血液を解消するためには、食習慣の改善をすることが大切です。以下に、血液をサラサラにする効果のある食品をまとめてみました。

 

サラサラ血液にする食品を食べよう

梅肉エキス

梅肉にはムメフラールという成分が含まれており、血小板の凝集を抑える効果があります。

 

納豆

納豆にはナットウキナーゼという成分があり、これも血小板のもつ凝集作用を抑制する効果があるのです。

 

緑茶

緑茶に含まれる渋み成分であるカテキンには抗酸化作用があり、これによって、血液をドロドロにしている活性酸素を退治するという効果が期待できます。

 

タマネギ

タマネギには、香り成分の中に血小板の凝集作用を抑制する成分があります。他にも血液中の中性脂肪を減らす辛み成分も含まれていることから、血液をサラサラにするためにはうってつけの食品といえます。

 

酢にはクエン酸が豊富に含まれており、クエン酸が血液中の老廃物を排出する効果を発揮します。酢の中でも米酢・黒酢が血液をサラサラにする上で非常に効果的であると言われています。

 

キノコ類

キノコ類には、βグルカンという多糖体が豊富に含まれています。また、しいたけにはエリタデニンというアミノ酸が含まれており、これも血小板による過度の凝固機能を抑える効果が期待されています。

 

血小板が必要以上に多いと、その分血液を凝固する機能もまた必要以上に高まってしまうため、血液がドロドロになります。血液をサラサラにする食品をとって、できるだけ血小板の凝集を適度なレベルに抑えることが重要です。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査項目に関する記事

健康診断の検査で何がわかるの? 便潜血と梅毒検査の方法やそこから判断される病気とは?

尿や便に血が混じっている場合、何らかの病気の疑いもあります。便潜血と大腸の病...

HbA1cは急激に下げると危険?血糖の状態を表す数値の1つHbA1cについて

  HbA1cという名称を聞いたことがあるでしょうか。これは、ヘモグロビン...


尿潜血の基準値から考えられる病気とは?異常値の原因や診断のガイドラインとは

  尿の中に混じるものはさまざまで、例えば蛋白質が尿の中に混じるのは量さえ少な...

採血後に頭痛、これって貧血?採血時や採血後の注意点とは?

血液検査のための採血の後に、頭痛が起きるという人がいます。血を採りすぎて貧血...

カラダノートひろば

検査項目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る