カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠の質 >
  4. アルファ波コントロールで質の良い睡眠をとろう!

不眠・睡眠障害

アルファ波コントロールで質の良い睡眠をとろう!

長く寝たのに疲れているときもあれば、大して寝ていないのに頭がスッキリしているときがありますよね。

 

こういった寝覚めの良し悪しは、「睡眠の質」の良し悪しで決まります。そして、この「質の良い睡眠」はアルファ波の発生と深くかかわっているのです。

 

アルファ波とは

「アルファ波」とは、人が心身のリラックス状態にあるときに発生する脳波のことです。アルファ波が出ているときの脳では、以下のような効果が強くでます。

 

・疲労・ストレスの解消

・集中力・記憶力の増大

・発想力・想像力の増大

 

また、満足感や達成感は脳をリラックスさせ、アルファ波を強く発生させます。アルファ波の発生をコントロールすることで、上手に「質の良い睡眠」をとりましょう。

 

寝る前のアルファ波コントロール

寝る前にアルファ波が発生し脳がリラックス状態になれば、上手に眠ることができ不眠も解消されます。

 

さて、ではアルファ波を発生させるため、布団に入ったときにやってはいけないこととはなんでしょうか。

 

それは、ズバリ【反省】です。「あれがだめだった」「ああすればよかった」など、不安や不満を抱くと脳が緊張し、眠れなくなってしまいます。反省は布団に入る前に行いましょう。しっかりと失敗を分析した上で、「明日はこうしよう」といった前向きな結論を導き出しておくのはいかがでしょうか。

 

では、アルファ波を発生させるため、布団に入ったときにやるべきこととはなんでしょうか。

 

それは、【満足】です。「よかった」「がんばった」など、自分を満足させることでアルファ波が強く発生し、脳をリラックス状態にすることができます。そして、寝ている間に疲労を回復し気力を充実させる「質の良い睡眠」をとることができるのです。

 

起きたときのアルファ波コントロール 

たとえ短時間の睡眠であっても「質の良い睡眠」にするコツは、起きたときに「よく寝た!」と思うことです。睡眠に対する満足感を強化し、アルファ波を発生させてスッキリと目覚めることができます。

 

起きたら次は鏡を見て、「笑顔」を作りましょう。

 

笑顔はアルファ波の発生スイッチです。毎朝の笑顔を習慣にすることで、一日を元気に過ごせますよ。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: すばらさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠の質に関する記事

心地よい眠りのために!日中、太陽の光を浴びることのメリットとは

「睡眠の質を上げよう」と思ったとき、まずどんな方法を思いつくでしょうか? 夜寝...

不規則な生活に「5時間以下・9時間以上睡眠」が加わると、心血管リスクが50%以上増加する?

睡眠時に脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」は、成長期に多く分泌され主に骨や筋...


ナポレオンやエジソンの睡眠時間は3~4時間?睡眠の質の大切さ

睡眠時間を削れば結果を出せる!? 「できる人ほど眠りが短い」なんとなくそう思っ...

間違った睡眠方法で睡眠の質が落ちる?ダメな睡眠方法を解明!

しっかり寝たはずなのに日中眠い、たくさん寝たはずなのに寝た気がしない、などなど...

カラダノートひろば

睡眠の質の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る