カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 外科療法 >
  6. がんの手術はステージ・部位に合った治療を!「腹腔鏡下手術」という有効な手術法

ガン・悪性腫瘍

がんの手術はステージ・部位に合った治療を!「腹腔鏡下手術」という有効な手術法

 

がんは治療していく上でステージや部位によって、それに見合った治療をすることになります。

主に「外科的手術療法」「化学(薬物療法)」「放射線治療」の3つで治療をします。今回はこの中の「手術療法」について書いていきます。

 

「外科的手術療法」とは?

外科的手術療法とは、がんの病巣自体をメスで切除する方法のことを指します。

「がん組織というのは転移しやすく、広がりやすいものですので、ほとんどの場合、がん組織の周りの正常な組織も一緒に切除し、取り残しがないように手術をします。

がん細胞を切除することにより根絶やしにできれば完治できることから、転移がない限りは最良の方法とされています。

ただし身体にメスを入れるわけですから、身体の負担は大きくなります。身体にメスをいれた部分が大きいほど体の回復には時間がかかります。

また、臓器自体を切除する場合、その臓器が失われたり、機能しなくなることもあります。

 

「腹腔鏡下手術」という有効な手術法

昨今ではかなりメジャーになってきた手術方法として、内視鏡を使った腹腔鏡下手術というものがあります。開腹手術よりも切り口が小さく術後の痛みが少なく回復が早い方法です。

ただし、この手術法は視野が狭いため、全ての手術に適用できるわけではありません。また、以前に手術したことがある人の場合は、臓器同士の癒着が大いに考えられますので、この方法はとられないことが多いようです。

 

手術をする上で不安なときは医師ととことん話し合いしましょう

ガンの手術に限らずですが、手術というのはやはりとても不安なものです。簡単な手術も、何時間もかかる大手術も患者にとっては不安だらけです。

なぜここを切らなければいけないのか、薬物療法ではダメなのかと、少しでも不安要素がある場合は、きちんと医師に相談をするのが大切です。そこでひとつずつ不安材料を消していき、きちんと納得した上で手術をしましょう。

 

手術はメンタル面も身体にも負担がかかってきます。万全の状態で手術に望めるようにしておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/23-358024.php?category=404])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外科療法に関する記事

がん手術の技術の進歩!縮小手術のメリットとは?手術後の生活の質

  がんは組織の中に深く進行していったり、広がったり、転移するものです。だから...

がん細胞の一部のみを摘出する手術!?がんの姑息手術ってどんな手術?

  がんの手術をするとなると、再発や転移の可能性は残るけれども、その場所にある...


-196℃で骨肉種を凍結して骨再建?最先端の骨移植法とは

骨に出来る悪性腫瘍(悪性骨腫瘍)の標準治療は手術による切除であり、切除部分が...

開腹から腹腔鏡へ 移り変わる胃がんの手術をご存知ですか?

胃がんの治療法は、他の多くの悪性腫瘍同様、化学療法・外科的手術による病巣の摘出...

カラダノートひろば

外科療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る