カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 外科療法 >
  6. ロボットががん治療をする?!高性能の手術ロボットを知っていますか?

ガン・悪性腫瘍

ロボットががん治療をする?!高性能の手術ロボットを知っていますか?

 

最先端医療などに関する特集をテレビなどで見たことがあるでしょうか。

その中で、医師が直接患者に手術をしているのではなく、アームなどがついたロボットを介して手術をしている映像が流れることがあります。

 

戦場のロボットを手術の場に応用

上記のような外科手術支援ロボットは、元々は戦場で負傷した人を遠隔操作で治療する目的でつくられました。ですが、精密に動くその特徴から、一般の腹腔鏡手術にも使用されるようになったのです。

従来の腹腔鏡手術は、カメラを通してみているといっても手探りの部分も多く、開腹手術よりも安全性や精度が落ちることは避けられませんでした。

しかし、外科手術支援ロボットでは、医師がモニターを見ながらロボットアームを操作できるため、正確性が確保できるようになったのです。

 

人間のように、人間以上に動くロボット

現在導入されているロボットの技術はとても高く、人間の手のように動きます。さらに映し出されるモニターは立体的に見えるようになっており、遠近感もとらえやすいです。

また機械だからこそできるのは、手振れの防止や、実際の手の動きを縮小して伝える機能などがあることです。

これによって、人間のミスをロボットがカバーしてくれるようになり、より精密な動きをすることが可能になりました。

 

どんながんの手術に使われているのでしょうか?

こうした外科手術支援ロボットは食道がん、肺がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん、大腸がん、前立腺がんの腹腔鏡手術で使われています。

特に注目するべきなのは前立腺がんの腹腔鏡手術です。従来人の手で行っていた前立腺がんの腹腔鏡手術は骨盤内の操作が難しく、出血しやすいなどの問題がありました。しかし、ロボットによる治療ではこうした問題が解消されています。

現在上記のがんの中で先進医療として、認定機関で保険診療との併用が可能になっているのは前立腺がんのみです。

つまりその他のがんはすべて保険適用外の自己負担となり、高額な手術費は避けられません。

 

こうした手術はどの病院でも受けられるというはけではありません。

外科手術支援ロボットをどのがんの手術で使用しているかも、医療機関によって異なりますので、事前に確認しておけるとよいです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/16-008398.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

外科療法に関する記事

がんの手術について知ろう リンパ節を切りとってしまう?「リンパ節郭清」という手術

  がんはいったん生じると基本的にはどんどん増殖していって、リンパ節に入り込む...

外科的手術が適応かどうかの医師の判断基準って?がんの治療

   がんの治療をしていくなかで、「あなたの場合は手術が適応ですがどうしますか...


がん手術の時の3つのポイント

がんには手術で取り除くという治療法もあります。手術をすると体に負担がかかりますが...

がん細胞の一部のみを摘出する手術!?がんの姑息手術ってどんな手術?

  がんの手術をするとなると、再発や転移の可能性は残るけれども、その場所にある...

カラダノートひろば

外科療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る