カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 2型糖尿病で原因と考えられている遺伝子とその作用まとめ

生活習慣病

2型糖尿病で原因と考えられている遺伝子とその作用まとめ

 

 

2型糖尿病の遺伝子はまだきちんと特定されていません。けれどこれが原因では?と考えられている遺伝子があります。今回はその遺伝子とその作用の一部をまとめました。

 

 

インスリン受容体遺伝子

インスリンと結合してインスリンの作用を起こす第一ステップの作用をもちます。インスリンができていてもこの遺伝子がないとインスリンの効果を体に伝えられません。ローソクに例えると、ローソクがあっても火がないと明るくならないのと同じです。

 

 

IRS-1遺伝子

インスリンのシグナル伝達に必要な物質です。シグナル伝達とは直接インスリンを動かすわけではないですが、ないと動かすまでの過程で問題が起こります。ローソクに例えると、火をつけようとした際に、ライターがない、といった状態です。

 

 

IRS-2遺伝子

インスリンのシグナル伝達に必要な物質です。IRS-1遺伝子と同じように、ないと動かすまでの過程で問題が起こります。IRS-1遺伝子と影響しながら作用します。IRS-1遺伝子ではローソクに例えて、火をつけようとした際に、ライターがない、といった状態としましたが、IRS-2遺伝子はライターのガスの役割であり、どちらかがなくてもローソクに火をつけられません。

 

 

Plキナーゼ遺伝子

インスリンのシグナル伝達に必要な物質で重要な位置を占めますIRS-1遺伝子・IRS-2遺伝子と同じように、ないと動かすまでの過程で問題が起こります。ローソクに例えると、火をつけようとした際に、ライターとガスはあるけれど、動かす手がないといった状態です。

 

 

グリコーゲン合成遺伝子

その名の通りグリコーゲンを合成します。働かないとインスリンが働いていても血液中の糖を肝臓に取り込むことができず、血糖値が上がります。

 

 

GLUT4遺伝子

細胞での糖の取り込みを行う遺伝子です。働かないとインスリンが働いていても血液中の糖を細胞にエネルギーとして取り込むことができず、血糖値が上がります。

 

 

TNF-α遺伝子

上記の伝子の働きを促進させている遺伝子です。この遺伝子が働かないと上記の遺伝子の働く量が少なくなります。

 

 

 

疑われている遺伝子はたくさんありますが、多すぎて記載しきれないため省略させていただきます。まだ研究段階ですが、将来、原因遺伝子の働く仕組みがわかり糖尿病が発症する前に防げる、又は完全に治せるようになるかもしれません。研究が順調にすすんで欲しいものです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/04/12-388060.php?category=5)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

1型糖尿病で重要視される「腸内細菌」、中でもキーワードは「酪酸の量」!!

   人の腸の中には無数の細菌がいます。この腸内にいる細菌のバランスが、糖尿病...

糖尿病発症の原因は血糖値の上昇を抑える「インスリン不足」から

    インスリンは膵臓の内分泌組織で作られ、刺激を受けると血液中に流れ込みま...


腸内細菌の内容が違う?1型糖尿病の発症に関係するかもしれない、腸内細菌バランス

   免疫システムは生きる上で非常に重要ですが、時にそれが誤作動を起こすことが...

1日の歩行数が原因!?糖尿病に直結する肥満が多い県と少ない県

    肥満と糖尿病には密接な関係があります。ある研究によれば、アジア人は欧...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る