カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 血糖値の不安定な状態が眠気を招く?!食後に眠気を招く原因と対策

健康診断・健康管理

血糖値の不安定な状態が眠気を招く?!食後に眠気を招く原因と対策

 

食後に非常に強い眠気を感じる方は多くいると思います。この眠気を感じる仕組みとはどのようなものなのでしょうか?今回は食後に眠気を感じる仕組みを血糖値を中心に見ていきます。

 

 

血糖値が高いか低いかが眠気の原因ではない

血糖値が高いか低いかというより、食後の血糖値の急激な上昇とインスリン分泌による血糖値の低下による血糖値の不安定な状態が眠気を招く原因とされています。血糖値の不安定な状態は、眠気以外にもイライラ・激しい動機・頻尿・冷や汗・だるさ・のどの渇きといった症状を起こします。糖尿病の症状と似ていますが、一時的に血糖値が不安定なだけでもこれらの症状は起きます。しかし、一時的に血糖値が不安定と決めつけないで定期的な健康診断は受けてください。

 

 

改善するポイント

食後に血糖値が上下することは誰にでもありますが、眠気を起こす人と起こさない人がいます。眠気を起こす人の場合、問題であるのは大体食事内容です。眠気を起こす原因の食材としては、精製された白米、白いパン、上白糖を多量に摂取している、スナック菓子・チョコレートなどの甘いお菓子をよく食べる、糖質を含む飲み物をよく飲む、加工食品をよくとるなどがあります。昼食をお菓子などで済ましている、炭水化物のみですましている方は要注意です。食後に眠気がひどい方は以下のことを3週間実行してみてください。

 

・朝、昼、晩の食事を毎日同じ時間にとる

 

・白米、白いパンを玄米、玄米パンに切り替える

 

・昼と夜の食事において炭水化物を少なくし、タンパク質中心の食事に切り替える

 

・食事の最初に食物繊維の多い野菜を食べる

 

・チョコレート、スナック菓子を食べない

 

・コーヒー・紅茶(糖の入っていないものは除く)や清涼飲料水は飲まない

 

・食後に運動する

 

・食事を腹八分目で抑える

 

・食事中、食後の水分摂取を抑える

 

血糖値の激しい上下が眠気の原因であれば、眠気が治まります。

 

 

3週間実行して治らない場合、低血糖症などほかの病気が隠れている場合があるので、1度病院を受診してみてください。食後の眠気をなくして仕事を早く終わらせましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/06/27-364145.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

楽しいバーベキューにするためにしておきたい!現地についたらできる食中毒対策!

  暖かくなってくる季節からバーベキューを野外でする人も増えてくると思います。...

食べずに捨てているその部分に栄養がぎっしり!野菜の捨てている部分の栄養って?

  普段料理をしているときには、「皮」「ワタ」「種」といった部分は捨ててしまい...


内臓アンチエイジングで内臓を若返らせよう☆内臓アンチエイジングと生活習慣の関係

近頃、話題となっているのが「内臓アンチエイジング」と呼ばれる内臓を若返らせるた...

内臓脂肪を減らす効果が強い食品

  放置しておくと重大な病気になる生活習慣病を防止するには、内臓脂肪を減らす食...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る