カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病性末しょう神経障害の分類とは?糖尿病性神経障害について

生活習慣病

糖尿病性末しょう神経障害の分類とは?糖尿病性神経障害について

 

 

糖尿病性神経障害について聞いても、様々な言い方で病気を言われる時があり、よくわからなくなる場合があると思います。今回は最もよく用いられるWHOの「糖尿病性末しょう神経障害の分類」を参考に糖尿病性神経障害の分類を紹介していきます。

 

 

WHO「糖尿病性末しょう神経障害の分類」

 

糖尿病性末しょう神経障害の大きな分類は4つあります。

 

1.遠位多発性神経障害

 

遠位多発性神経障害にはさらに3つの型があります。

知覚運動型

Ex.手や足の消失感など

知覚優位型

Ex.チクチクする、感覚の違和感など

運動優位型

Ex.手や足の痙攣など

 

2.近位神経障害

 

3.自律神経障害

 

4.単一性および多発性単一神経障害

 

また、3の自律神経障害にはWHOからさらに詳しい「糖尿病性自律神経障害の分類」といった分類が出されています。

 

 

WHO「糖尿病性自律神経障害の分類」

 

低血糖自覚症状の欠如

Ex.無自覚性低血糖(血糖値が下がった時に出る空腹、冷や汗、震えなどを感じない)

 

瞳孔および涙腺の機能障害

Ex.瞳孔が開かない、瞳孔が反応しない、目の動きが定まらない、顔の形が変形する、涙腺がつまる、など

 

心血管および肺の機能障害

Ex.起立性低血圧、心臓の調律異常、血管運動神経障害

 

体温調節障害

Ex.発汗異常、温度変化に対する血管運動の不安定性

 

消化管障害

Ex.食道無力症(食道の筋力が低下し飲み込みに悪影響が出る)、胃・十二指腸無力症(胃・十二指腸の筋力が低下し消化に悪影響が出る)、胆嚢無力症(胆嚢の内臓筋の活動が低下し消化に悪影響が出る)、下痢、大腸無力症(大腸の筋力が低下し吸収に悪影響が出る)

 

6泌尿生殖器障害

Ex.無力性膀胱、勃起障害、逆行性射精

 

 

このように糖尿病性神経障害でもさまざまな分類があります。よければ参考にしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/12-351395.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

最悪だと心筋梗塞になることも…糖尿病の合併症としての神経障害って?

糖尿病それ自体はなかなか自覚症状がないため、その深刻さが伝わりませんが、合併...

糖尿病で足を失う?決して珍しくない糖尿病の合併症

  糖尿病によって足を失うという話を聞いたことがあるでしょうか。衝撃的な話であ...


糖尿病早期発見で神経障害を防ぐ

 糖尿病の三大合併症の中で比較的、早い段階で起きやすい合併症が神経障害です。高血...

頻繁に足がつる、しびれる、痛む・・・糖尿病性神経障害について

何だか近頃足がよくつる、正座のあとのように足がしびれることがある、などの症状が...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

神経障害の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る