カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. アナフィラキシー >
  6. 気をつけよう!アナフィラキシーショックを起こす可能性がある食べ物

育児・子供の病気

気をつけよう!アナフィラキシーショックを起こす可能性がある食べ物

 

アナフィラキシーショックとは、原因となる食べ物を摂取したり動植物に触れたり刺されたりする事によって起こりうる、呼吸困難や血圧低下・蕁麻疹など様々な症状を伴い、場合によっては生死にも関わる強いアレルギー症状のことを言います。

 

では、普段身近にある食べ物でアナフィラキシーを起こす可能性がある代表的な食物をいくつかあげてみましょう。

 

 

鶏卵

子供の食物アレルギーで最も多いと言われているのが鶏卵です。そばやピーナッツがアナフィラキシーを一番起こしやすいと思われている方も多いようですが、発症人数が最も多いのは鶏卵で、アナフィラキシーを起こす全体数の3分の1以上が鶏卵によるものです。 ただし、重症度においてはそばやピーナッツの方が高いようです。

 

牛乳

少し前に、給食時の誤食(間違えて食べてしまうこと)が原因の死亡例がニュースにもなりましたが、鶏卵に並んで乳児期からアレルギー反応が起こることの多い食物です。牛乳にアレルギーがある場合は、ヤギのミルクに対しても反応を起こす場合も。

 

小麦

牛乳の次に多いと言われるのが小麦です。小麦にアレルギーがある場合、ライ麦・大麦・オート麦などにも反応が出ることも。血液検査ではアレルギー値が出ない場合もあり、初めて食べた時に症状が出て気がつく事もあるようです。

 

そば

ご存知の方も多いでしょうが、そばアレルギーは子供だけではなく、大人でも激しいショック症状を起こす事がある食べ物です。

 

ピーナッツ

近年日本でも報告数が増加してきている原因食物で、そばと同様に非常に激しい症状が見られます。

 

エビ(甲殻類)

エビアレルギーは幼児期に発症することが多く、一度出ると成人後も続きます。大半の人は食べて1時間以内に口の中に違和感を感じます。呼吸が苦しくなる症状が強く出やすい原因食物です。

 

 

食物アレルギーが原因となるアナフィラキシーショックは、症状に個人差がとてもあり、摂取した量がほんの少しであっても激しいアレルギー症状が起きてしまうケースもあれば、多量に摂取した場合のみ発症するケースもあります。

 

アレルギー体質であっても、そうでない場合も、お子さんが口にしたことがない食物をめて摂取する際は、ご両親が注意深く様子を観察してあげることが重要ですね。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/12/13-011079.php?category=393)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アナフィラキシーに関する記事

知っておこう!アナフィラキシーの症状の程度とその対処法

アレルギー体質のお子さんが、特定の原因物質となる物を口にしたり、接触した場合...

「やっておけばよかった」では遅い…親の目の届かない場所だからこそ、先生との連携を密にとろう

  近年子どもの食物アレルギーが増えていると言います。特にそもそも乳児には食物...

アナフィラキシーの体験談

食物アレルギーについて色々調べてみました。

ここ最近、レバー、大豆と続けてアレルギー反応が出たので、色々と食物アレルギーについて調べてみました。...

アナフィラキシーショック!

もともと産まれた時から目の周りに赤い発疹があった息子。 アレルギー体質なのかなと思い、離乳食が始ま...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る