カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. ケトン体(K) >
  6. 糖尿病患者はケトン体に要注意!命に係わるケトン性昏睡とは

健康診断・健康管理

糖尿病患者はケトン体に要注意!命に係わるケトン性昏睡とは

 

糖尿病にはいくつか合併症がありますが、その中でも特に危険度が高い合併症と言われているのが糖尿病性昏睡もしくはケトン性昏睡と呼ばれる合併症です。

ではケトン性昏睡がなぜ起きるのか、原因は何かを見ていきましょう。

 

●ケトン性昏睡が起きる理由

ケトン性昏睡が起きるのはエネルギーの使い道を変えたこととそこからケトン体が副産物として生まれるからです。

普通は糖分をエネルギーとして使うためにインスリンが働いてくれますが、糖尿病の患者はインスリンの働きが悪いです。

そのことから、糖分以外のたんぱく質や脂肪酸をエネルギーに変えます。そしてその過程でケトン体が生まれます。

ケトン体が血中にたくさんあると血液が酸性になり、体への酸素供給が難しくなります。

そして最終的に脳にも酸素供給が出来にくくなることで昏睡が起きます。

 

●ケトン性昏睡の原因

ケトン性昏睡が起きる原因はいくつかありますが、血糖値の急激な上昇がほとんどすべてに共通する原因です。

インスリンが働きにくい体にも関わらず食事に気を配らなかったり、インスリンの量を自分で調節したり、インスリン注射を止めたりといったことが原因です。

これらのことは自分である程度気をつけられますが、精神的なストレスや肉体疲労など気をつけていてもうっかり起きる可能性のある出来事もケトン性昏睡の原因です。

 

●ケトン性昏睡を早く見つける

ケトン性昏睡が起きてしまったらそのまま死亡することもあるかもしれません。

昏睡前の症状を早めに見つけて、速やかに病院で処置を受けるのが適切です。

代表的なケトン性昏睡の初期症状を挙げます。

・喉が異常なほど渇く

・トイレが近くなる

・食欲が突然なくなる

・腹痛

 

血糖値が上がることで血中にケトン体が増え、最終的に脳に酸素が行きにくくなって昏睡するのが糖尿病のケトン性昏睡です。

病院では輸液治療やカリウム補充、重炭酸塩投与などケトン性昏睡の重症度に合わせて治療を行います。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/02/04/28/hand-77273_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケトン体(K)に関する記事

命の危険も!?ケトーシスとケトアシドーシスって何?

ケトーシスとケトアシドーシスという言葉を聞いたことがないでしょうか。 糖尿病の...

健康診断で測定するケトン体の役割とは?

尿検査の検査項目の中にケトン体の文字を見つけたことがありませんか? ケトン体は...


ケトン体異常から考えられるグルカゴノーマ グルカゴノーマっていったい何?

  ケトン体は尿検査によって測りますが、異常値が出た時(陽性の時)には糖尿病の...

尿検査でケトン体の値が高い!~ケトン症について~

ケトン体は、健康診断でよく計測される値です。実際には、尿検査を通じてスクリーニ...

カラダノートひろば

ケトン体(K)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る