カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 糖代謝 >
  5. ケトン体(K) >
  6. ダイエットでケトン体が増える!?ダイエット臭の原因はコレ!

健康診断・健康管理

ダイエットでケトン体が増える!?ダイエット臭の原因はコレ!

 

ダイエット臭という言葉を聞いたことのある方も多いかもしれません。ダイエットをすると体臭がひどくなる、体臭がいつもより気になるといった現象です。

ダイエットのせいで生まれる体臭の1つがケトン体によるものです。

 

●糖質が減るとケトン体臭がする

糖尿病によってケトン体が血中に多くなるときには、インスリンの働きが悪いため糖分を使えず、最終的に脂肪やたんぱく質を使う段階でケトン体が発生するからです。

一方で、糖質を摂らないことでダイエットする場合はインスリンが正常であっても糖分がないので糖分を使えず、脂肪酸やたんぱく質を使う点でケトン体が発生します。

病気ではないので糖尿病性(ケトン性)昏睡などを引き起こすことはもちろんありませんが、血中ケトン体が増えると尿や呼吸にアセトンという物質が出ます。

アセトンは甘さと酸っぱさ、そして油っぽさがまじりあったような臭いで、これがダイエット臭の正体です。

 

●筋肉を使ってケトン体を減らす

ケトン体から生まれるダイエット臭の対策のひとつが筋肉を落とさない、積極的に運動することです。

ケトン体は筋肉と脳で使われていますので、ストレッチや筋トレなどをしてケトン体を使いながらダイエットしていくことがお勧めです。

また、食事面では野菜や海草類などを摂取するとケトン体の酸性が中和されるのでおすすめです。

 

●半年くらいで体は慣れる

ダイエット臭が出ても、極端な食事制限と運動を抑えるやり方でなければ半年くらいで体の方が慣れてくる可能性があります。

さまざまな筋肉でうまくケトン体を使うように工夫できたり、腎臓がケトン体の再吸収を行う量を増やしたりといったようにです。

 

甘酸っぱい、そしてやや油っぽい臭いのダイエット臭は血中ケトン体が多いことで生じるアセトンの臭いです。

このダイエット臭を消すにはケトン体を減らしたり野菜や海草類を摂取することが大切で、無理な食事制限をしないことも忘れないでください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/03/18-387149.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケトン体(K)に関する記事

検査項目にあるケトン体って何?体全体に働きかけるケトン体の役割とは

  肝臓内で作られている成分は数多くありますが、ケトン体も肝臓内で生成されてい...

健康診断で測定するケトン体の役割とは?

尿検査の検査項目の中にケトン体の文字を見つけたことがありませんか? ケトン体は...


尿検査でケトン値が異常値を示している場合はどうすべき?

  ケトン体は尿検査を通じて確認できる値で、臓器のエネルギー源になったり、...

命の危険も!?ケトーシスとケトアシドーシスって何?

ケトーシスとケトアシドーシスという言葉を聞いたことがないでしょうか。 糖尿病の...

カラダノートひろば

ケトン体(K)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る