カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. アナフィラキシー >
  6. 知っておこう!アナフィラキシーの症状の程度とその対処法

育児・子供の病気

知っておこう!アナフィラキシーの症状の程度とその対処法

アレルギー体質のお子さんが、特定の原因物質となる物を口にしたり、接触した場合に、激しいアレルギー症状(アナフィラキシー)が現れることがあります。

 

そのような状況に陥らないように努めることが大切ですが、万が一症状が出てしまった場合に備え、症状の程度や対処方法を把握しておきましょう。

 

軽度の場合にみられる症状 

・部分的なかゆみ

・ 唇が少し腫れる

・ 数個の蕁麻疹

・ 赤い斑点が部分的に見られる

・ 軽い咳、くしゃみ

 

上記のような症状が出現した時の対処方法

抗ヒスタミン等の薬を処方されている場合は、服用して注意深く様子を観察する。 

 

中等度の場合にみられる症状

・ 強いかゆみ

・ 唇が腫れ上がる

・ 10個以上の蕁麻疹

・ あちらこちらに斑点が見られる

・ 吐き気、一度の嘔吐

・ 腹痛 ・ 便が緩くなる、一度の下痢症状

・ 咳が続く

・ 鼻水、鼻づまり

・ 元気がなくなる

 

上記のような症状が出現した時の対処方法

処方されている抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、気管支拡張剤を使用して、速やかに受診しましょう。 

 

重度の場合にみられる症状

・ 全身の激しいかゆみ、真っ赤になる

・ 唇や爪が紫や白っぽくなる(チアノーゼ)

・ 顔面蒼白

・ 脈が乱れたり早くなったりする

・ 蕁麻疹が全身に広がる

・ 嘔吐や下痢を繰り返す

・ 喘鳴、呼吸困難

・ 「きゃんきゃん」といった犬が吠えるような咳 や激しい咳

・ 恐怖感を感じたり精神不安定になる

・ 意識が朦朧としてぐったりとする

 

上記のような症状が出現した時の対処方法

エピペンを携帯している場合はただちに使用し、抗ヒスタミン剤・ステロイド剤・気管支拡張剤は使用出来そうであれば使用します。

 

救急車を要請するなどをして、緊急受診をしましょう。

 

 

アナフィラキシーは症状が急に進むことがあるので、症状が軽い場合でも注意深く観察する事が大切です。

また、アナフィラキシーショックを起こした経験がある場合は、軽い症状でも早めの対処が必要となります。

アレルギーがあると診断をされているお子さんの保護者は、このような状況が起きた場合の事を想定し、日ごろからかかりつけの医師と適切な対処方法について相談をしておくとよいでしょう。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/07-385730.php)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アナフィラキシーに関する記事

子どもに症状が現れたらすぐに病院へ!アナフィラキシーの対処法

子供が突然全身にアレルギー症状を起こし、悪化した場合は呼吸困難に陥る可能性も...

「やっておけばよかった」では遅い…親の目の届かない場所だからこそ、先生との連携を密にとろう

  近年子どもの食物アレルギーが増えていると言います。特にそもそも乳児には食物...

アナフィラキシーの体験談

食物アレルギーについて色々調べてみました。

ここ最近、レバー、大豆と続けてアレルギー反応が出たので、色々と食物アレルギーについて調べてみました。...

アナフィラキシーショック!

もともと産まれた時から目の周りに赤い発疹があった息子。 アレルギー体質なのかなと思い、離乳食が始ま...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る