カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 抗がん剤が効かないがんがある!?抗がん剤が「よく効くがん」から「効かないがん」

ガン・悪性腫瘍

抗がん剤が効かないがんがある!?抗がん剤が「よく効くがん」から「効かないがん」

 

がん治療を支える治療には、3つの柱があります。

それが手術、放射線治療、そして化学療法です。化学療法というのはいわゆる抗がん剤による治療のことで、副作用のイメージから良い印象を受けない人も多いかと思います。

 

抗がん剤は万能ではない

抗がん剤はそれによってがんを完治させようとする場合ももちろんありますが、補助的に使用される場合もあります。このように場面によって抗がん剤に期待される効果というのは、少々異なります。

これは同時に抗がん剤が全てのがんに効くものではないということも示しています。

 

薬剤感受性

抗がん剤ががん細胞を死滅させる効果のことを薬剤感受性と言います。

この薬剤感受性はがんの種類によって大きく異なり、「大きな効果を期待できる」というものから「ほとんど効果を期待できない」というものまであります。以下にその分類をまとめます。

 

抗がん剤がよく効くがん

白血病(急性・慢性)、悪性リンパ腫、精巣腫瘍、子宮絨毛腫瘍、小児がん

 

抗がん剤が比較的よく効くがん

小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、膀胱がん、骨肉腫など

 

抗がん剤があまり効かないがん

胃がん、大腸がん、非小細胞肺がん、食道がん、前立腺がんなど

 

ほとんど効かない

肝臓がん、膵臓がん、腎臓がん、胆のうがん、甲状腺がんなど

 

ただしこうした分類自体、議論の分かれる面がありますし、がんのタイプ、病期によっても異なることがあります。さらには、個人差によるとこともあります。

また、抗がん剤治療が効かないからダメというわけではなく、手術や放射線治療といった他の治療を組み合わせることで、効果を発揮する場合もあります。

 

がん研究は日々進んでいますから、新薬の登場によってこうした分類は変わっていきます。

そして抗がん剤が効かないからといって、治療する方法がまったくないということではなく、手術など他の選択肢もあるということを知っておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤の毒性は正しい基準に基づいて評価される

  抗がん剤の有害事象には国際的な評価基準があり、これに基づいて客観的な評価が...

がん治療に重要なチーム医療(チーム・カンファレンス)について

  「がん」は手ごわい疾患であらゆる専門家が力を合わせて治療を行う必要がありま...


抗がん剤の量を減らす「極少量療法」 抗がん剤を減らして本当にがんは治るの?

  抗がん剤の治療では、どの抗がん剤を使ったとしてもほとんどの場合で副作用が見...

痛くない点滴のためにできることとは?

さまざまな医療で点滴が使用されます。持続的に体内に薬や栄養などを一定の速度で入...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る